2012年08月02日

2012年 SingleNuts! 秋の陣

nuts-2012-thumb-400x544-1280.jpg



俺自身もエントリー締め切り期間をすっかり忘れ慌てて申し込んだ
SingleNuts走行会in京葉スピードランドです

http://www.singlenuts.jp/2012/02/singlenuts-5.html

今回は今迄と違い、8月10日までのエントリー締め切りまでに
人数が集まらなければ開催しない方向みたいです
だから「ギリギリで大丈夫だべ」なんて思っている方は
今申し込んでおかないと、開催されなくなる可能性が大なので
参加したい!と思っているなら、まずは申し込みをしましょう
かく云う俺自身も、バイクは出来てねぇし、会社的にも家庭的にも
微妙ですが、やれば行きたいのでついさっき申し込みしました







で、ここから以降は、半分愚痴





特に誰とかの話では無いので、変に勘ぐらないでね!




SingleNuts走行会に初めて参加して以来
俺自身は「面白い!」と思ったので
まあ、積極的とまでは行かなくても
それなりに周りをお誘いしたりしてみた訳です
開催は日曜だし、走行時間と本数を考えても
1万位の参加費は、走行会としては破格値
筑波の練習と比較してもコストパフォーマンスは
そんなに悪くないので
少しは参加者増えればな〜などと思ったりしたが
まあ見事に目論見はハズレ
来てくれるのは地元の仲間2〜3名だけ・・・

で、参加出来ないorしたくないの理由で結構聞くのは
「ノリが・・・」
「カラーが・・・」
「ソリが・・・」
って言う、SingleNutsへの先入観先行のイメージによる理由
俺自身が、以前は色眼鏡で物事判断するタイプだったんで
それ持ちだされたらぐうの音も出なくなるから
敢えて反論も擁護もせず「そうなんだ〜」と黙ってたけど
実は心の底で「勿体無いな〜」と思ってたりしますわ
俺の体験で言えば以前は「ケッ!SingleNutsて何だよ」とか
「ネットでチマチマ集まりやがって」なんてルサンチマン燃やしてた
方々と一緒の走行会走ったり、それこそミニの耐久出たりと
今となってはしてるけど、そこで思うのは
変に壁を作ってたのはこっちで、その壁を壊せば
何てこと無い、別に自分らと変わらない
バカでアホで愉快な連中がそこにいたりしますわ
それに只の走行会なんだから「仲良くしなくちゃダメ」とか
「コミュ障は来るな」なんて縛りは何も無いんだから
ただ来て、ただ走ればイイじゃん 
別に空気なんで気にしなきゃイイじゃんなんて思いますね〜
学生の仲良しゴッゴじゃあるめぇし
走行会の条件としては悪くないんだからさ!

まあ、イイ感じのビートがフロアで鳴っているのに
踊らない連中に対して
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」
以上の感情は抱かないので、特にゴリ押しはしませんが・・・
舞台は整っているのに踊らないのは勿体無いよ!マジで・・・
posted by tetsutaro499 at 01:03| Comment(560) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

モトピクニックに行ってきた

5386877_1713483175_115large.jpg


先週日曜日にTC1000で行われるモトピクニックの
90分耐久とF43にダブルエントリーしてきました

耐久は
第一ライダー    yuji君
第二ライダー    俺
第三ライダー    キノッピ君
マネージャー兼監督 あっこ姐
の布陣

レースは細かいドラマがありつつも
転倒、怪我無く無事終了

5386877_1713483010_190large.jpg


F43スプリントは己のダメさ加減を噛み締めつつ
何の波乱もなく終了
(予選より決勝の方がタイムが悪い
 と云う結果には流石に不甲斐なさを感じたな〜)

レポは今度書きます

5386877_1713482727_5large.jpg


それと、スラクストンな「田中一家軍団」の盛り上がりは
一時期のSRフロンティアの現場を見ている様で
懐かしさと羨ましさをごちゃまぜにした
不思議なフレッシュ感がありましたわ
初参加ながらも徹底してレースを楽しんでいるその姿に
ちょっぴりヤラれた自分がいましたね〜
「真剣にやる」ってのはガチガチにやる、突き詰めて行く
だけでなく色々なベクトル、方法論、があると云う
当たり前の前提に今更ながら気付かされました

posted by tetsutaro499 at 00:33| Comment(594) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

SR軍団合同練習会@TC1000

1755254_1708303546_70large.jpg


昨日は久々のサーキット走行に行って参りました
集まった面子は今週末に行われるモトピクニックに参戦する、その名もSR軍団!
某のチームかと勘違いされそうなネーミングですが
ただ単純に連絡用に作られたmixi上のコミュニティーから名前を取っただけで
中身といえば、住む場所もバラバラ、出処もバラバラ、志向もバラバラで
変態、うんこ、オタク、キチガイ、ヤカラ、転倒王子、紅一点の爆弾娘、他
ボンクラの寄せ集めな「いい歳コイたダメ人間版`がんばれベアーズ`」

1755254_1708303861_65large.jpg


今回、チョビヒゲさんと鉄馬君は初めて会ったんだけど
チョビヒゲさんはイイ感じに優しそうな方でしたし
鉄馬君に至ってはキャラがイイ感じに立っていて最高でしたwww
JAZZ MENの菊地成孔氏が唱える
「WBO(悪くて、バカで、面白い)」
を地で行く面白さ!
ハルクの本田さんから乱交パーティーまでを同列で
POPに語れる切り口は最高でしょwww

1755254_1708302669_245large.jpg


愉快な連中が集まるんだから、当然面白くなるのは当たり前
走る時は真剣に、降りたらバカ話のオンパレード
バイクを取っ替え引っ替えしながら、充実した1日を送れました

練習でこれだけ楽しいんだから、本番が楽しみですわ!

1755254_1708303283_240large.jpg


で、俺的に非常に刺さったのは
レース終わりのココスでの晩飯会の時の会話
そんなWBO風な鉄馬君ですが、なんと380人を抱える
SRコミュニティーの主らしく、彼曰く
俺らがまず触れ合うことのなかったシーンの中からでも
サーキットを経験してみたい層が確実にいると云う
話を教えてくれ、そしてそこに行くまでの
ソッチ側の感じるハードルを伝えてくれました

まあ、それが俺のサーキット出始めの頃に抱えてた不安と合致しており
結局の所、初心を忘れブログで書き散らしそれでいて
「フロンティアの参加者増えないかな〜」などと勝手な願望を抱いて
地道に参加者を増やすことをしなかった路線が
実は初っ端から破綻してたんだと痛感しましたね〜

ただ、潜在需要は確実に存在するのは判ったのだから
後はちょっとだけチャンネルを変えてみれば
確実に掘り起こせるってのだけは理解できました
まあ、出来る&出来ないは置いておいてもさ!




posted by tetsutaro499 at 01:12| Comment(635) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

2012筑波ツーリスト・トロフィー in JULY

P1030560.JPG


で、3日連続筑波通いのシメは筑波ツーリストトロフィー
RCエレファンツのダーマス兄、ダーシモ氏のお手伝い


P1030570.JPG


二人揃ってNS1にSRでの出場ですが
周りはSRZやらグースやらジレラ 
ターミネーターに至ってはKTMやらオフ車のコンペつう状況で
2バルブの熟女バイクで挑もうってんだから
まあ、無謀つうかアホな訳で、予選結果は惨憺たる状況www
にも係わらず今回はSRが5台も出てたんだよね
(とは言ってもAAAとエレファンツからだけですが・・・)

P1030572.JPG


決勝は大きな番狂わせも、大したトラブルも無く
ダーシモ氏は前半こそ多少のバトルはあったが、後半はソロツーリング
ダーマス兄はスタートこそ決めた物の、後はせせこましい下位争いwww
でも、怪我無く無事に帰ってきただけでも
レースならめっけもんなんでこれでイイんじゃない

P1030569.JPG


一方、滅茶苦茶面白かったのはNS2とCBRカップの混走レース
当初はてっちーが何処までカマすのかを見るつもりだったのだが
トリケラトプスSRDの長野氏 VS TRSの入江氏による
「NS2頂上決戦」に目が釘付け
マシントラブルで予選18位に沈んだ長野さんが
捲りに捲くってトップグル−プに辿り着き
CBRと混戦にハマってた入江さんを 
追ってきた勢いであっさり抜くか?と思いきや
下手にバトったもんだから入江さんにスイッチが入り
間に入っていたCBRそっちのけで壮絶なバトルを繰り広げてました
負けたくない長野さんの根性と
長野さんだけには抜かせない入江さんの意地とがぶつかった
凄くイイレースでしたわ、久々に心が震えました
結果は入江さんが勝ち、奇跡的な両者同タイムでのレコード更新となりました


P1030566.JPG


それと、面白かったのはてっちー号のインジェクション化されたAAAのSR
XT系のパーツを流用して作っているとの事で
これにすると振動が激減してパワーカーブも真っ直ぐに
ピークパワーまでの線が描けると云う非常に興味をそそる内容

P1030562.JPG




開発状況を根掘り葉掘り聞いてみた所、どうやら物凄く大変だったみたい
安物のコントローラーみたいに 基準を作ってそこから全体的に底上げor下げ
みたいな適当に作ったのでは無く
碁盤の目状にマッピングして、そのマスに対して一個一個セッティングする
と云う非常に細かいやり方でセッティングしたんだとさ
だからシャーシダイナモには3桁回は乗せて作ったらしい 凄げぇな〜
メカさんも「インジェクションについて物凄く勉強した」って言ってたから
苦労もハンパ無いんじゃないかな?

で、気になるお値段は、まだ決まっては無いみたいで
部品を揃えるだけでも30〜40万は掛かるらしい
半分嫌味で「どうせAAAで売るんだから高いんでしょ〜」と聞いたらwww
苦笑してたから、新車1台分以上はするんだろうな〜
買えないけど興味はあるよね

P1030563.JPG


まだレブリミッターが解除出来てないらしく
てっちー号は7500rpmでのリミッターが効いてたみたいで
レースの時のなんか1コーナーの手前でブボボボ言ってました
その状況で9秒捻り出すんだから、これでリミッター解除が出来て
高回転でのセッティングも決まれば、凄いタイムが出るんじゃないの?

P1030565.JPG


こうやって何処も手を付けてない分野に切り込むのは流石AAAだよね
誰もやってない、まだ見たことがない かつ次世代にレベルアップする
この手のカスタムをする事に対し
普段は「AAA いけすかねぇ」と公言して憚らない俺でもwww
「素晴らしい!」と賞賛しちゃうもんな〜
しょうもないボッタクリパーツをアホみたいに出す所よりは
何百倍もAAAに対して好感が持てます

・・・でもソリは合わんけどねwww

l19.jpg


20年ぶりに筑波で知り合いに会ったら
タメ歳なのに敬語使われて、どうしたの?って聞いたら
「なんかおっかなくて・・・」と言われたので
「そんな事無いよ〜昔と同じだよ〜」と言ったら
昔のほうがもっと怖かったと言われて絶句!
俺の記憶では昔の自分は痩せ型のほっそりしていた青年で
過酷な経験でこんな風になったと思ってたが
昔から全然そんな事無かったらしい・・・
どうりで女の子が近づいて来なかった訳だ!
そりゃモテない訳だ!!






posted by tetsutaro499 at 22:55| Comment(577) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

筑波ロードレース選手権

P1030558.JPG


今日は行って来ました筑波ロードレース選手権
(つか、実は昨日も筑波に行っていたんだけどwww)
まあ、レース日に筑波にいるって事は、やろうと思えばレースに出れた訳で
練習できない、準備が出来ない等々の言い訳を並べて回避した所で
結局は己の根性の無さと日和った事は事実なので
レース現場にいる興奮と、コースに立ててない不甲斐なさとで
泣き笑いみたいな複雑な感情になるから
自分的には「どーなのよ」と思いつつ
ついつい筑波に足を運んでしまう次第です あ〜あ〜

で、今日は池田君のお手伝いをしつつ
特等席でサーキットの空気を満喫してきました
池田くんは転倒やトラブルも無く 500Γの高橋さんと
終始バトルを繰り広げ充実感のあるレースをしていました
走行後のキラッキラした目を見ていて
ぶっちゃけ羨ましかったな〜
俺もレースしたいな〜と思いましたわ

P1030557.JPG


レースレポは「TC250のヤングライオン」AKITO君や
「今となっては只のハゲカメラマン」なSUMI君に任せつつ
あたくしなりの感想でも・・・

mixiで多少の推移は知っていたが 
実物見たら何倍も格好良かった佐野さんSZR号
(写真が変で判らないかもしれないが相当良かった)
まあ、いつも速く走るしレース継続年数もハンパじゃ無いから
ついついそっちに目が行きがちだけど
あの人が凄いのは、時流を逃さずに最高峰な形でマシンを仕上げて来る事と
それを盆栽化せずキッチリと「走るバイク」セットアップする
そのセンスには毎度ながら脱帽します
この両方を最先端で出来続けるってのは凄いよね
だからあの人が作った2VSレーサーなんて未だにスタンダードだもんね・・・

あんまり褒めちぎると その内口髭でも生えてきそうなのでwww
この辺で辞めておきますが、
本人の前で言うと厭らしいヨイショになるから言わんけど
密かにリスペクトはしています

P1030559.JPG


で、「たまにはブログ用にコンデジでも持ってくか」と思ったのだが
写真撮影の趣味は無いので、上の2つとこの手塚さんのSRXの写真しか
撮ってなかったっす!

で、明日もまた筑波TTのRCエレファンツのお手伝いに行ってきます
気がつけば3連ちゃんで筑波通いっすわ!
posted by tetsutaro499 at 21:04| Comment(633) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

2002 筑波ツーリスト・トロフィー in NOVEMBER SRF4&5




http://www.jasc.or.jp/result/2002/2/tourist_nov_17r.html#race4
posted by tetsutaro499 at 22:52| Comment(21) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

2001 筑波ツーリスト・トロフィー in NOVEMBER SRF4&5




ここまで古い筑波TT動画も珍しいんじゃないかな?
俺が持っている動画の中でも一番古い奴です
そして、一番見た動画でもあります
正確な数は覚えてないけど、最低50回以上は見たはずです

と言うのも、デビュー戦は大口の割りにショッパイ成績で、
リベンジを誓った第二戦は更にグダグダな内容
で、反省点を見出すべくジプサムのビデオを見てみると・・・
その当時は憎くて仕方無かったwwwRCエレファンツの増田兄弟の競演が・・・
己の不甲斐なさと対照的な、素晴らしき走りを披露していて
「チキショー」と地団駄を踏みまくりました


ちなみに、その当時2CHの筑波スレで書かれてたこのレースの記述

477つぬたりモータース ◆1DVScook [age]01/11/18 20:33ID:1g7q1Cc/

筑波ツーリスト・トロフィー見てきたぞいっと。
昼過ぎに着いたのでその後の決勝レースしか見てないけど、
SRF4&5クラスの兄弟トップ対決が面白かった。同じ色のツナギ着て
兄弟二人でぶっちぎってるんだもん。何かほのぼのとした気分に
なったけど、冷静に見ると相当速いねありゃ。



「派手で速くてカッコイイ」 俺の全く持ってない物を全て備えていたのが悔しくて
「打倒!増田兄弟」を掲げルサンチマンの炎をメラメラと燃やし
A3に拡大した筑波サーキットコース図を広げてビデオをコマ送りしながら
ラインをトレースして研究したりしてました
で、頭に叩き込む為に日がな寝る前に必ず見てましたわ!
だから久しぶりに見ても、自分でもビックリする位展開を覚えてましたwww

その時のSRフロンティアはライダースクラブの人達とこの増田兄弟の2大巨塔が
ド〜ンとそびえ立っており、俺みたいな田舎者のペーペーは
コースの隅っこで
「何だよ!チーム名に象って センスの欠片も感じねぇし、その前に超ダセェ」
とか「あの兄弟のタイムはどう考えてもオカシイ 絶対にインチキしてる」だの
影でコソコソ悪口を言ってる、非常にケツの穴の小さい奴でした(あ〜恥ずかしい)
その後、何のご縁か知らぬが いつの間にやら仲良くさせて貰い
今に至っては「自称 RCエレファンツ埼玉支部若頭」を名乗るまでになるのだがwww
その辺の経緯は後ほど・・・

それと、SRフロンティアの歴史を語る上で「増田兄弟」と云うキーパーソンは
俺みたいな「雑魚キャラ」やその他のどうでも良い事象は外しても
AAA、タマスピードと並び「これを外したらモグリだろ!」と断言出来る
非常に重要なファクターなので、何時の日かそれぞれ項目を設けて語りたいと思います


posted by tetsutaro499 at 23:00| Comment(1) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

2002 筑波ツーリスト・トロフィー in FEBRUARY SRF4&5



古参筑波TT出場者にはお馴染みのジプサムビデオからの起こしなので
映像の汚さはご容赦下さい・・・

http://www.jasc.or.jp/result/2002/2/tourist_feb_r.html#race7

運転免許で出場出来てアンダーカウル装着も義務で無かった古き良き時代のSRフロンティア
初優勝出来たのは凄く嬉しかったっけな〜
これで調子コイてたら、この後全然勝てなかったっけ・・・
嬉しさの余りバイクに打ち込んだら、一ヶ月もしないで彼女に振られ
悲しさを紛らわせる為に更にサーキットにのめり込み
その後ライセンスを取って練習に通い詰める悪循環に陥り
気がつけばそのままズルズルとレースを続けてしまいました・・・
あそこで勝たないでバイクに打ち込む事が無ければ
俺の人生はもう少しマトモになってたんじゃないかと、今にして思います

でも、あの当時
振られたお陰で「どうなってもイイや!」精神のまま
勢いだけで最終コーナーに突っ込んだりしていたので
タイムがグーンと縮まったりしたから、
失恋の勢いって凄いんだと思いますわ!

この当時は金が無さ過ぎてツナギ、グローブ、ブーツ、脊椎パット
を友人から借りて出場してました
貸してくれるだけでなくヘルパーまでやってくれた
金山、林田の両名には本当に感謝しております

posted by tetsutaro499 at 00:01| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

Days Of Bike Roses (D.O.B.A.R.) 2nd Decenber 1995 Tukuba Circuit




D.O.B.A.R. FORMURA-ZERO

丸山浩(with me プロフェッショナルR.T)と戸田隆(ミハラMTG-クラフトマン)
CCDカメラが捉えた迫力のスーパーバトル

D.O.B.A.R. MONSTAR

空冷四発野郎の祭典

1982年以前に生産された鉄フレームに
空冷・ビック4ST・マルチエンジンを
統制した、現代に取り残されたラストモンスター達


D.O.B.A.R. ZERO-1
D.O.B.A.R. ZERO-2

KAWASAKI ゼファー SUZUKI カタナ
HONDA VF     YAMAHA RZ・・・


D.O.B.A.R. -1
D.O.B.A.R. -2

KAWASAKI Z・マッハ SUZUKI GS
HONDA CB     YAMAHA XJ・・・

70年代・80年代 ストリートを駆け抜けた
オートバイ達がサーキットに蘇る
posted by tetsutaro499 at 13:11| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

Battle Of The Twins 15Th Jan 1996 Round14 Tsukuba Circuit




BOTTの魅力と
ライダー達の夢をかける1日

4台の車載CCDが捉える
平忠彦SECOND ROAD
〜新たなる挑戦〜

・ETクラス
 モトグッツィ悲願達成
・MT1クラス
 ヤマハTRX デビューWIN!
・パドック内の熱き1日
posted by tetsutaro499 at 00:02| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。