2010年09月29日

SR500 ドイツ仕様の謎

イメージ 1
 
 
今日、業者の若い子と昼食中に
「モテ期診断」ってやった事あります?と聞かれ
興味深々だったので、携帯でのやり方を教えて貰いやってみた所
結果が18歳、21歳、28歳と出てきて、その年齢をとっくに過ぎているのはまだしも
 
18歳 バイト生活ズッポリで女っ気ほとんど無し
21歳 彼女に振られ ヤケクソで友達と2ヶ月アメリカ旅行 ド貧乏旅行の為想像を絶する酷い目に会う
     当然ここでも女っ気無し
28歳 筑波サーキットと言う物に出会う、バイクにのめり込み過ぎて彼女に振られる
 
と、モテる所か異性的には燻ってた記憶があり
人生で「モテ期」という物を一度も経験する事無く死んで行く事に一瞬絶望しかけましたが、
頑張って前を見つめ生きて行く決意を固めた今日この頃・・・
 
 
 
 
いつも人の悪口かエロネタか馬鹿話しか載せず
SRの事がちっとも出て来ずにタイトルだけは堂々と‘SR‘と掲げ
「看板に偽りあり」な状況が常態化してきているので
たまにはちゃんとしたバイクネタでも・・・
 
 
 
イメージ 4
 
ちょっと前に、巷で囁かれる「SR500 ドイツ仕様」なる物を見つけ出そうと
色々調べ回ってたのですが なんせ情報が少なく手がかりを全く掴めずにいました
で、ピストンの部品番号だけはなんとかネットで探し出し
それを手掛かりに巡り巡った所、ロシアの?とあるサイトに辿り着きました!
そこにはなんと!パーツリストがザックザクあるじゃありませんか!!
 
イメージ 2
 
この辺の海外純正パーツなら
ヨーロッパ系のサイトを巡回すれば出て来たんだけど
そもそも探すきっかけだった ピストンに関しては中々情報が無く
ようやくそれらしきピストンの部品番号を見つけても
それが正しいのか?周辺部品の番号は?などなど・・・
ちゃんとした情報が欲しかったので、見つけた時は思わず小躍りしましたよ!
 
 
で、本題!
その時に使った数々のサイトを含めて備忘録として置いておきます
ついでにこの記事が一発で出て来る様に
この記事専用に 書庫「 SR500 ドイツ仕様」を追加です
 
 
 
ドイツ仕様のピストン部品番号が出て来たロシアの?サイト
俺は1RUのGermany仕様からピストン番号を拾いました
一個上の階層に上がると結構な数のヤマハ系バイクのパーツリストが載っており
さらにその上のメーカー別まで上がるとスズキ、ホンダなどのパーツリストまで出ている
なかなか便利なサイト
 
 
 
ヨーロッパ向けのパーツリストをPDFで見れるサイト
リヤディスク仕様のパーツが見れます
 
 
 
現在、日本のYAMAHA HP上では欠品になっているピストン関連の部品が買えそうな
パーツサプライヤーのHPの2個
何方か海外からの輸入にチャレンジしてみて下さいな
 
 
 
 
 
US YAMAHAの部品検索HP
 
 
 
日本のYAMAHAの部品検索HP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関係無いけど、SR改造パーツを一杯出しているヨーロッパのKEDO HP
 
 
 
またまた関係ないけど ヤフオク転売厨御用達な?タイのSRパーツを出している所
 
 
 
ワイズギア ディスクブレーキキット 取り扱い説明書 PDF
 
 
 
ワイズギア キャストホイールセット 取り扱い説明書 PDF
 
 
 
 
 
 
イメージ 3で、ドイツ仕様のピストンはSTDサイズは欠品みたいだが
0.5mmオーバーサイズピストンはまだ買えるみたいです
(日本のヤマハHPにある部品検索で見ると在庫アリになってる)
でもリングセットが欠品だから使えないんだけどね
それと、‘みたい‘と付けたのは俺が買ったのでは無く
知り合いの某T氏が買ったから
 
このT氏のSRオタク度は凄まじく
新品クランク(観賞用)のみならず
400cc用1mmオーバーサイズピストン&リングセット
500cc用1mmオーバーサイズピストン&リングセット
を純正品価格で購入&所有
                             
                            で今回のドイツ仕様の0.5オーバーサイズセットも
                            部品番号を教えたら速攻でゲットしてました
                            (これらも多分つうか絶対に観賞用)
 
 
で、彼がHP上では欠品のはずの0.5mm用のリングセットを手に入れた経路を参考までに書きます
まずは、いつも部品等をパーツ量販店やネットで買っている俺みたいなタイプの人間
この手の輩はどう足掻いても手に入りません!諦めましょう
ちゃんと行きつけのオートバイ屋さんがあり、尚且つそのバイク屋さんがちゃんとした
とあるルートを持っている所なら(彼の場合は老舗のオートバイ屋さん)手に入るみたいです
だから俺みたいな一見さんが「手に入りませんかね〜」などと訪れても「無い」と言われて終わるみたいっす
こう言う時に行きつけのバイク屋さんがちゃんとある人間は強いな〜と思いました
お陰で部品番号まで割り出したのに、俺は持ってないっす(涙)
 
 
 
 
                            
posted by tetsutaro499 at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | SR500 ドイツ仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

第3回SR Meeting 3rd in TOKYO

イメージ 1
 
 
 
第3回SR Meeting 3rd in TOKYOに行って来ました
 
バイクのミーティングなんつう物に行ってくるのは10数年ぶりでして
まあ、それもこれも「バイクに乗っている」とか「SRが好き」とかの僅かなとっかかりを武器に
見も知らずの赤の他人に「やあ!コンニチワ」なんて
アプローチしたりグイグイ会話したりするのがからっきし苦手な性分でして、
大昔に上越国際でやった4メーカー合同ミーティングに
行きつけのバイク屋に無理無理強制参加させられた挙句
ソリの合わない常連連中と3日間寝泊りさせられ
疎外感と孤独感を散々味わいトラウマを植えつけられ以来
この手の物には参加した事がありませんでした
 
イメージ 2そんなあたくしですが
single nutsでお知り合いになれた
NARI氏やきのっぴ氏やf-revolutionさんやあっこさん
などとこの前の筑波TTでお話させて貰う中で
皆さん当然の如く参加されるみたいで
「なら、俺もちょこっと覗きに行こうかな〜」
などと思い立ち
でも、一人では不安なので、同じくグイグイ話し掛けられない
近所のSRヲタク‘タカちゃん‘と二人と連れ立ち
千葉の片田舎からノコノコと東京都心に出て行きました
 
 
イメージ 3
当日の天気予報は大雨だったので
根性無しのあたくしらは‘バイクで行く‘という選択肢は
全く無く、バイクミーティングなのに車で行く体たらくぶり
 
で、会場に到着して中に入ると
ちょうど目の前がSingleNuts!ブースで
わたしらに気がついてくれたNARI氏が
「雨が凄いから中に入りなよ」と非常に暖かいお言葉を
掛けてくれたので、お言葉に甘えて雨宿り
(この一言はマジ助かりました!NARIさんありがとう!)
 
でテント内部に入ると
先週筑波で会ったばかりのきのっぴ氏やあっこさんがおり
早速、ご挨拶&雑談
 
イメージ 4
当日の会場は罰ゲームの様に超大雨でして
そんな雨で動けないでいると
single nutsとクラフトマンと藤竹金属工業所の密集した
ブースには入れ替わり立ち代り有名人が入って来てたな〜
 
NARI氏は言うに及ばず
きのっぴ氏akiko@姉さんf-evolutionさん
もちょいさんやグルメ王さんなどなど・・・
(人の名前を覚えるのは苦手なので
           話した事ある人以外は良くわからん)
まあ、そうそうたる面子が集ってました
そんな中での小物なあたくしらは相当縮こまっており
                               居心地の悪さに堪えかねて、小雨になったらソソクサと退散
                              (嘘です!テント内の会話は相当面白かったです!
                                          相手をしてくれた皆さん 本当にアリガトウ)
 
 
 
 
 
イメージ 5で、まずは受付に行き
田舎者らしく「まずは記念品を」との事で
記念Tシャツとステッカーを買い
その後、各SHOPを回ってみると
パーツのフリーマーケットを結構やっており
そんなの見せ付けられた日には
物欲に火がついてしまい
バイクそっちのけでパーツを買い漁り・・・
つか、何をしに来たんだかね〜
 
途中ライダースクラブブースで
FT1に出場していた編集部員の高田さんと
久しぶりの再開&談笑などを交えつつ
買い物タイムが終了したので
次は来場者のマシン見学に移りました・・・
 
 
 
明日の仕事が朝早いので、続きは後ほど・・・
 
 
PS
 
事後承諾な形で申し訳ありませんが
akiko@姉さんの写真をお借りしました
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 00:43| Comment(13) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

色々な意味で負け組

イメージ 1
全てはココから始まった
 
特スポのある土曜日は、レース準備に追われ
日の昇る内は筑波入り出来なかったので
コバケンさんにガレージを取って貰い
真夜中に筑波に向け出発!
筑波到着後、確保して貰ったガレージへ向かうと・・・
 
「えっ!なんで先客がいるの????」
 
筑波側の有り得ないミスでガレージをダブルブッキングされ
(つかそんな事ってあるのかよ!)
尚且つ夜中の1時では文句を言う訳にも
代わりを確保して貰える訳も無く
仕方なくBパドの一番隅にある‘トラクター置き場‘で
泣く泣くメンテするハメに・・・(涙)
前回レースではHPの公式レポートから存在すら抹消され
挙句の果てにこの仕打ち!
ココまで酷い目に逢ってる奴って聞いた事無いけど
もしかして俺って筑波に嫌われているのかな〜・・・
 
夜中の3時過ぎ 誰も居ないはずの1コーナーから
「カシャ〜ン」と結構大きな音が聞こえたり
(コレにはマジでビビッた)
                               真っ暗なBパドで作業しているもんだから
                               蛾やら何やらの虫が大量に灯りに集まり
                               それらをブレーキパーツ火炎放射器で焼き払ったりしながら
                               意地と根性でレースに向けてのメンテをしてました
                              
                               つか幽霊だの虫だのに邪魔されてる暇はねぇんだよ!!
 
 
 
イメージ 2
新婚ホヤホヤのはずが早速見捨てられ
今回も単身で筑波に乗り込んだので
結局場所の確保及び機材搬入を
たった一人でセコセコする羽目になり
徹夜明けのオイラはヘロヘロ・・・
この時点で半分帰りたくなりました
 
終わり近くにakito君とkai君が少し手伝ってくれ
非常に助かりました!
彼らに2万円づつお小遣いをあげたのは
言うまでもありません(嘘)
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
散々酷使したバトルファクトリーのタイヤウォーマー
がヤレて来ていたので、今回のレースに向け
生地の張替えリペアをして貰い
「いや〜綺麗になったウォーマーは気持ちイイね」
と上機嫌になりながら
いざタイヤに巻いてみると・・・
 
全然足りてねぇじゃんかよ!!
 
明らかにバトルのミスで短くなって帰ってきてました
 
日曜にクレーム電話入れたのに
未だに返信はありません・・・
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
まあそんなアタクシなんで
当然集まって来るのはボンクラで
こんな連中ばかりでした
akito君が非常に常識人に見えたもんww
 
ボンクラハゲに至っては
ズカズカと入って来た挙句
勝手にムシャムシャと飯を食い始め
ゴミをその辺にブン投げて
どうでもイイ「俺のモテ北レジェンド」独演会
をおっ始める始末・・・
(つか、誰も聞いてねぇよ!sumi君!)
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
その数メーター先のキノッピ氏ピットでは
シングル界の重鎮&有名人が集まり
ワイワイと非常に楽しそうに談笑しておりました
 
この光景を見るにつけ、俺の様なダメ人間には
ダメな連中が集まるんだな〜っと
「類は友を呼ぶ」との言葉を噛み締めましたwww
 
まあ、今回はRCエレファンツのダメ人間達が
「子供の運動会」とか言う日和った理由で
全員不参加だったから尚更そう思うんだろうけど・・・
 
 
                                     そんなこんなの苦難を抱えつつ進めたレースレポ
                                     を次位には書けるかな??
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 02:51| Comment(4) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ワイズギヤキャストホイール

イメージ 1
 
 
 
いきなり話がレースから脱線するのだが、ワイズギヤキャストホイールのお話
 
何の脈絡もなく「キャストホイールはクソだ!」と断言したから
筑波でも何人かに「何で?」と質問を受けてたので、その辺について書いていきます
 
そもそもを言えば、2年くらい前に最終コーナーの立ち上がりで
車体がブルンブルン暴れて来る様になって、何でかな〜と悩んでいる時に
あちこちに相談してたら「剛性が低いからだよ」って話が多数出てきて
レギュレーションの都合上、スイングアームやフォークやステムを変えるのは出来なかったから
重量もさほど変わらずに剛性をアップ出来るホイール変更が有効なのかな?と思いまして
そんな話をしてたら「いいんじゃない」って意見も頂いたので、早速ホイール変更
 
ブランクを空けての練習だったので、単純にハンドリングがカチッとしてイイ感じに思ってました
(ココで気が付いていれば、時間を無駄にしなかったのにね〜)
だが、ペースを上げていくと、コーナー脱出時に僅かにホイールが跳ねる様に外に膨らむようになってきて
つってもほんの僅かにそうなっている感じかな〜位の感覚なんで
こりゃサスセッティングが悪いか、俺の乗り方か、空気圧が外れたか
兎に角ホイールの問題では無く、セッティングが悪いと思ってました
だからあちこちイジくり回してみても症状は全く治まらず・・・
そうこうしている内に練習量も落ちてきてwwwあっという間に2年が経過
 
で、前回レース時にフロントだけスポークに変えてレースに出場
そしたら何と!目から鱗
今まで各コーナーで出ていた立ち上がりでアウトに膨らむ症状がピタっと収まるじゃありませんか!
1コーナー、1ヘア、2ヘアではライン1本分 最終に至っては2〜3本分イン側を走れる
しかも外に膨らむ気がしないから、手前からスロットルを開けてグイグイ曲がって行ける!
なんじゃこりゃ〜!!
この一件でキャストは見限って、スポークに惚れ直したオイラは
新品リム&スポークでホイールを作成
剛性を上げて損をする事は無いと思い込んでた先入観は間違ってたんだね〜
 
ちなみに書いて置くと、イイ事ばかりでは無く
ネガの部分としてはコーナーリング時のハンドリングはちょっと下手こくと
グワングワンと振られる様になりますwww
でもバイクなりに丁寧に乗ってあげればネガ要素全くなし
気持ち良く曲がってくれます
ネガが全く無いとは言わないが、それでも車体の向きが変わる方が俺にとっては全然イイし
まあSRってバイクならそんな物だろう!と割り切ってしまえばいいのかなって感じですかね〜
それに一番大きいのはそれらも含めてもグイグイ曲がってくれて
「楽し〜い」って気分で乗れるのがデカいっすかね〜
 
まあ俺のマシンセッティングの肝は「乗っていて楽しい」って言う間違った方向性でして
速く走れるとかとは、基本二の次です
乗っていて楽しいからグイグイスロットルを開ける→で、結果タイムが付いてくる
ってのが理想かな〜
おっかなビックリ走っても‘速さ‘は付いて来ない気がするし
安心してマシンを操れないと色々な意味で上に上がろうって気も無くなると思うんだよな〜
 
話は逸れるがタマスピマフラーも「乗っていて楽しくなってくる」って点でも凄いなと思っていて
ココまで惚れ込めるのもソコが一番大きいです
だって未だにマシンに跨ってもワクワクさせてくれるマフラーってコレだけだもん
それぞれ試してみたから言うけどヨシムラもオーバーもAAAもスラクストンも、
言っちゃ悪いがその部分では全く歯が立ってないよ
性能もしかりだけど、音、トルク感などなどトータル含めてズバ抜けているわな!
(別に他を貶める意味では無く、あくまで個人的な感想なんであしからず)
それと度々突っ込まれるブレーキについてもそう
ノーマル2ポッドなんてなんで変えないのと度々言われるが
コントロール性で全然不満も無く、コーナーの突っ込みでも完敗した記憶が無い
それに俺にとってはコレが一番扱いやすく安心してブレーキ出来るんで、変えたいと思った事は無いっす
揉み出しとかをキチッとやって フルードも変えた1/2マスターとノーマルキャリパーで十分です
 
 
で振り返って見れば、「結局ほぼノーマル」って形に落ち着いたな
つか紆余曲折した意味は何だったんだろうか・・・
 
それと、「来年のNS1に足回りを変えないで出ようか」と言う話と「他のSRに興味が沸かない事」
の根っこにある共通部分が正にココで
SR本来の乗り心地と言うか曲がり心地を外していく事は俺にとっては有り得ないんだよね
今までショップの試乗車からレーサーから街乗りまで何台かの足回り変更したSRに乗らせて貰った事あるけど
乗り味でノーマルを超えたのは全く無いし、ソコを伸ばしているのも見た事無い
結局スポイルさせて終わっていた気がするな〜
(逆に‘味‘と言う部分で超えた物に出会ってみたいっす!マジで)
エンジンは手を付けていて速いのは判るし、倒立とか入ってカチッとしているとかタイヤがラジアルだから凄い
とかは体感できるけど、この足回りいいね〜ってのは出会った事無いよ
そう言う観点から見ると、数多のSRムック本なんて酷いの多いよ
空車時と乗車時のサスの沈み具合が殆ど変わらないガチガチサスなのは見え見えなのに
しなやかな足回りとか大嘘のインプレとか
F100R150の極太タイヤ履かせて倒しこみが軽いとか
極端な前下がりにしていてレーシだの何だの・・・
商売ベースの宣伝本にほぼ成り下がっていると言え、よくぞまあソコまで適当書くな〜と呆れます
昔バイカーズステーションに載っていた佐藤編集長さんのSRインプレ以外に
SRについて書かれた物で、読み応えあるな〜って思う本は無いんだよね〜
(だからライスポ以外に今でも買う雑誌はバイカーのみ1択です、あれだけは文章に金払ってもイイと思うから)
 
この辺を突き詰めれば個人の嗜好でしかないから正解は出ない物だけど
あくまで個人的な嗜好の部分だけを書かせて貰いました
昔S&Sさんに2VSレーサー乗せて貰った時、‘キング佐野‘方向のセッティングだったんだけど
俺にとってはヘロヘロだったもん、それまでは速い人のセッティングを真似ればイイ方向に行く
と思い込んでたけど、佐野さんと比べてテクも才能も劣っていて体重だけは勝ってた俺には全くダメだったね〜
だから前の文章で‘ある条件下では‘と注釈を付けたのは
人によって変わるし、走る場所でも変わるし、マシンの仕様でも変わる話なんでソコは気をつけて下さい
あくまで筑波サーキットを500ccで走った場合の意見です
でも一つだけ言わせて貰うと、世間で喧伝されるほどノーマルは悪くないよ
足回りだけで言えば リヤサス変えてフロントの油面と粘度を変えるだけでソコソコは走ります
よく言われるフォークなりスイングアームが物凄く捩れるとかのお話聞くたびに
そこまでグリップ力が高いタイヤがあるんなら俺の所に持って来いやゴルァ!って思いますもんマジで!
この辺も結局はSRが抱えるいびつさが原因だよね
この前友達に言われてハッとしたけど、フレームとエンジンの外見だけ残して他は全部取り替えてるのが
ゴロゴロいるオートバイっておかしく無い?って指摘は鋭いとこ突いてると思った
他の普通のバイク乗りから見れば異常みたいだし、確かに俺もそう思う
でもその手のつけ易さが、SRを生き永らせてきた大きな要因でもあるしな〜
ただ現状のノーマルの過小評価っぷりは少し修正した方がいいんじゃないかと個人的には思いますね〜
 
まあレースに関係無い話をつらつらと書き連ねてきたが
次回こそはレースレポにちゃんと戻ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

筑波ツーリストトロフィーinSEPTEMBER@皆さんお疲れさんでした

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
 
色々とゴタゴタありましたが
レースは怪我も無く無事終了しました
 
レース自体はAAAの小池さんに追い上げられた挙句捲くられる情けない展開でしたわ
 
 
 
実はと言うか密かにと言うか心に秘めてた目標がありまして
 
SRフロンティアから続いたFT1と言うクラスが今回で最後だらこそ
NS1と比べても決して遜色無いレベルまでみんなで頑張っていたんだと言う事を示すべく
今となってはFT1の最後の残留兵となってしまったオイラが
「FT1の意地を示す」ってのが目標でした
 
だからこそ表彰台に上れる総合で‘6位以内‘ってのが目標だったが
オートボーイの土屋さんが1コーナーで縦回転@SRZ一発廃車
しなければ総合で6位に入れなかったから 目標未達成かな〜
 
それに他クラスの表彰台に上がる人達は
やっぱり筑波で‘ちゃんと‘練習を重ねて来た人達ばかりでして
そんな中ポッと出のオイラが同じ場所に立ってると言うのは
何だか情けない感じでしたわ
 
奇しくも 佐野さんとDIABLOのいとっちさんに全く同じ指摘をされたのだが
「練習を全くしないで勝っちゃだめ」ってのは重々承知しております
FT1の意地を見せるんだとしたら、タイムアップさせて進化させた上で争わないとダメだよね〜
まあ、来年はNS1だから頑張りますわ
 
 
後、某氏から指摘された
「お前の場合、BLOG更新とサーキットへのモチベーションは比例してる」
ってのはそのものズバリな突っ込みでして
今後はどちらも頑張ります!
 
 
posted by tetsutaro499 at 09:53| Comment(12) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

Apocalypse Now

 
 
レースに向けてエンジン乗せ変え
         ↓
無事完了し、今のエンジンは後期型で積み替えたのは前期型なので
電装系も入れ替えなければ・・・
         ↓
前期用に作ったレーシングハーネス及びCDIが見つからず
         ↓
せっかく片付けたレンタルコンテナ及び分散させて置かせて貰っている某所を捜索
         ↓
      見つからず 
         ↓
そんな訳ないだろ!と死に物狂いで捜索
         ↓
     見つからず 
         ↓
仕方なく、降ろしたエンジンのバルブステムシールを入れ替え
         ↓
    疲れ過ぎで死亡 ←今ココ
 
 
これから筑波に向かいます
これでエンジンから白煙を噴いたら 潔くDNEかな(涙)
      
 
posted by tetsutaro499 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

例によってギリギリ

イメージ 1
 
 
 
え〜
前回のレースの時に「ワイズギヤのキャストホイールはクソだ!」と言う結論に辿り着きまして
(その辺の理由については暇があったら書きます)
改めて純正スポークホイールの素晴らしさに気が付き
急遽 新品リムと新品スポークにてホイールを組んでもらいました
(2006年の限定ブラックモデルのリムの方が、只のシルバーリムより安かったのには驚きました)
 
で、オマケとしてスローパンクチュアにも見舞われたのにも懲りて
チューブレスキットも辞めて今後はチューブに戻します
 
つか結局辿り着いたら純正のまんまが一番ベストつう結論になり
フォームやらセッティングやらライン取りで苦闘したこの2年間は何だったんだ?と泣きたくなります
まあこれも、セットアップとカスタムは全く別の話であると言う大原則を忘れ
トータルバランスを全く無視したツケが回ってきた自業自得なんだけどね・・・
 
いいパーツを入れればスポーティー 足回りをガッツリ換えれば走り方向に振れる
つうSR界のクソみたいな悪しき風評にまんまと毒されてた自分に激しく後悔
ある条件下では、あんなのはまるっきりウソだ!ってのに今頃気が付きました・・・orz
 
 
 
イメージ 2
今回ホイールはDIABLOで組んでもらったんだけど
実は今までDIABLOでまともに仕事を依頼した事は無く
(あんなに仲良さげに書いておりますが、
              いつもオイルしか買ってないwww)
どうなるかと思い仕上がったホイールを見てビックリ!
「イイ仕事してますね〜」と大満足の仕上がり
 
リム組みを自分でやった事ある人なら判ると思うが
俺も以前、素人仕事でチャレンジしたら
ニップルにグイグイ締め込んだ跡が付くのだが
いとっちさんのやった仕上がりは表も裏もニップルが凄く綺麗
                           無理にこじった跡は皆無
                           それでいてスポークはきっちり張ってあるし、振れもバッチリ無し
                           プロの仕事は凄げぇな〜と感心しました
                           今度やり方を聞いてみたいっす!!
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
タイヤはいつも環七沿いにあるテクニタップで購入しているのだが
日曜の仕事帰りに注文してたタイヤを引き取りに行った時に、
テクニタップの目と鼻の先に「日本一有名なコンビニ」があるのを発見!
(成人男性限定でのお話だが・・・)
今まで何回も通っているのに気が付かなかったな〜
 
 
で、これの何処が有名なの?とお思いのアナタ!
その理由は・・・・
              
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ええ、最近AVで良く見かける例のコンビニがココでしたwww
 
隙間から内部を覗いて見ると、非常に精巧に作られており
 
すげ〜な!と、これまた感心しました
 
詳しく知りたい方は「コンビニ、スタジオ」でググるとすぐに出てきますよ!
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
肝心のレースに向けての部分は
前回レース時よりマシンに関してはほぼノータッチ状態でして
「白煙噴きすぎのお前のエンジンはもう使っちゃダメ」
と筑波側に言われてしまったので
一応ステムのオイルシールとリングを変えた500Egを作りまして
後はエンジン側の電気系を入れ替えればOKのはずだから
明日の筑波走行の予約をキャンセルして
筑波のBパド辺りで一日掛けてエンジン乗せ変えとメンテをやろうと
考えております
それでもエンジンが動かなかったり白煙噴いたりしたら
400Egでも積んで400ccで出るしかないかな〜
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
もうこう言う光景つうか作業には飽きたので
 
今頃になって、DIABLOでエンジンを造って貰っているのだが
 
まあグダグダと決断を遅らせた結果、当然レースには間に合う訳も無く
 
またしてもこんなハメになりましたとさ・・・
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 11:50| Comment(8) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

ケツを拭いて生きる日々

イメージ 1
 
酷暑だの何だの騒がれている今日この頃ですが
直射日光の下で働いているあたくしには
洒落にならない事態でありまして
今年の夏は頑丈な身体だけが取り得の俺も
流石に根を上げたと言うかバテバテになり
マーライオンの如く‘水ゲロ‘を吐いたり
熱中症で倒れる寸前になったりしながら
常にギリギリの線を彷徨いながら働くハメになりました
 
ニュースにはならないだろうけど
今年のこの暑さでブルーカラーの人々が
何人‘逝ってしまった‘のかね〜
 
 
 
イメージ 3
 
そんなこんなの俺ですが
よりによってと言うか遂にと言うべきか
入籍なんて事をしてしまいまして
本来なら直ぐにでも一緒に暮らすべきなのでしょうが
甲斐性のないあたくしは
じぇんじぇん準備も無く見切り発車してしまい
慌てて新生活への準備を進めている毎日です
 
 
 
 
 
 
イメージ 4普通、新生活への準備と言えば
新しい家財道具を揃えたり、
引越ししたりになると思うけど
次に引っ越す時は家を買う時にしたいと思っているので
取り合えずこのボロ家に住みつつ次の手を考えたいから
無理やりにでも今の家で共同生活を営みたいのだが
‘バイク道楽‘の限りを尽くして生きてきたので
とても人間が住むような環境ではなく
ガレージ兼住居のこの家を、
せめて人間らしい暮らしが出来る環境に戻すと言う
最低ラインからの新生活準備つう
非常に情けないスタートとなりました
 
 
イメージ 5
で、新たにレンタルスペースを借りて
そこにバイクパーツをセッセコと移動させてたのですが
自分でもビックリしたのだが、トンでもない量があり
2tトラックの箱車満タン位色々な物を溜め込んでました
それらを3畳のスペースにブチ込むと言う荒業をカマすには
 
パーツを全部棚から出す
     ↓
その棚をレンタルスペースに設営
     ↓
その後パーツ類を整理した上で新たに収納
 
つう事を何回もループしながら、たった一人で作業を進め
壮大なるスクラップ&ビルドを終わらせるのに丸一月掛かりました
(つか写真で見る様に、実はまだ終わってないのだが・・・)
フォーク十数本とかキャブ十数個とか発掘されると
「一体俺は何をしたかったんだ?」と自分自身で首を傾げてしまいます
 
 
イメージ 6
 
 
 
整理整頓とかほざくなら
使わない物とかをバンバン処分して行けばいいのは
十分承知しているんですが
バイクパーツとかならまだ処分しても未練は無いけど
本とCDだけは捨てられないつうか
以前‘暗黒の無職時代‘に余りに金に困って
レコード3百数十枚と愛蔵書100冊位を売ってしまった
事がありまして、その時に死ぬほど後悔した
トラウマがガッチリと埋め込まれて以来
なかなかこの手のものを処分出来ない身体に
なってしまっているんだな〜・・・
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
そんな物凄くダメな自分自身に挫けそうな時に
この本に如何に救われた事か・・・
 
 TEN YEARS AFTER と共に
この夏はECDが色々な意味でヘビーローテーションでした
posted by tetsutaro499 at 04:41| Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。