2010年11月09日

セッティングが良く判ってない・・・

イメージ 1
 
え〜
新たに作った「練習フォルダー」ですが、これはあくまで俺自身の為だけの記録で
日記形式にしているので、コメ等を貰ったりしてしまっていますが
本来の意味ではあくまで記録用です
 
で、何故こんな事をしているのかと言えば
最近はサボリ気味ですが、筑波に行く度にバトルファクトリーのセッティングシートに
ちょこまか記録を取ったりしているのですが、
ズボラな人間が紙ベースなんかで記録を取ると
「前回どんな感じだったけな?」と思い探して見る時などに
捨てた、家に忘れた、何処かへ行った、等々のどうしようもない理由で
肝心な時に記録を見返したり出来ないと言うことが多々ありwww
全く記録が役に立ってないので
それならblogに残しておけば 筑波で携帯でチェック出来るじゃねぇか!という事で
こんな形式で残す事をしてみました
(一応 紙ベースで残すのと同時進行で行ってみるのだが・・・)
 
セッティングその物のを良く判っていないので
まずは方法論のメモとして、随分前にチーム七輪の佐藤氏にメールで貰った物を
(この前筑波で話をしたら、送っている事実所か内容すら忘れられていたけどwww)
取り合えず、前回の記事で貼り付けておきました
 
 
 
イメージ 2
 
それと、もう一つの狙いとしては
こんなアホなあたくしでも優しく‘おせっかい‘を焼いてくれる何方かが、
こんな記録を見て「アレって間違ってねぇか?」とか「こうした方がイイよ〜」等々の
アドバイスを頂けたりするんじゃねぇか!との淡い期待も込めてたりします(図々しいけどwww)
 
前回のじょーかー氏や高橋氏や筑波練習後に柏の某居酒屋」で集った
‘中途半端な奴と素人には極端に受けの悪い‘www某極悪店周辺のモタ野郎な方々の
アドバイスを受けて改めて思ったのだが
やっぱりリアルに現場にいる人々の話には、耳を傾けるだけの価値は十分にあるので
忌憚ない意見をガシガシ頂ければ幸いです
あっ!ちなみにその意見をどう反映させるかは俺次第となってしまいますので
その辺はあしからず・・・
(断っておきますが、ワールドワイドかつワークスレベルな某ハゲのアドバイスは一切いりませんからね!!)
 
イメージ 3
 
 
来年からはNS1に参戦するに辺り、SZRやGOOSE相手に真っ向勝負を挑んで
表彰台を狙っていくにはアベレージ9秒台、ベスト8秒台辺りを出していかないと
どう考えても無理な話になってくる訳で
そうなると、今までは勢いだけで誤魔化してきたのだが
走りを理解しながら練習を重ねていかないと到達出来るレベルじゃないとの危機感は
流石にバカなあたくしでも持っているので
今後はコツコツと積み重ねて行ければな〜っ感じですね
 
後ね、この辺の目標の話をすると持ち上がるのが
改変されたNS1レギュレーションに合わせてガッチリとイジればいいじゃね〜かと
度々言われるのですが、
キャブに関してはFCRを入れてみたい気はかなりするのだが
なんせお金が無いのと、今付いている純正のVMキャブでのセッティングを煮詰めてもいないのに
変更するのも「何だかな〜」って感じなので
もう少しチョコチョコと色々とやってみて、「ココまでやっても駄目なら諦めるわ!」と言う所まで辿り着いたら
何とかお金を捻り出してFCRを購入してみたいと思います
 
それと、足廻り変更なのだが
SRの足廻りをゴッソリ換えて尚且つサーキットで‘使える足‘に仕上て行くのを考えた場合
その労力もそうだが、費用面も合わせて考えると
多分SRを売り払い、SRX600を買ってレーサーに仕上た方が
遥かにイージーだしコスト面でも然程変わらないと思う
純粋にタイムや成績だけを狙うんだとすれば、俺なら確実にその方法を選ぶ
(最近は過小評価気味だがSRXシリーズはヤマハが作ったシングルの傑作だと俺は思っています)
ノーマルレギュレーション上では、残念ながらSRの戦闘能力は最低に近いラインで
足廻りを変えた所で、そのラインは僅かにボトムアップする程度でしか無いはず
そうなってくると、SRをそこまでする位ならSRに乗る意味その物が無くなって来ます
「SR好きなんだから頑張らなくちゃ」と周りは好き勝手言いますがwww
ガチでシングルのテッペンを目指すならそこまでしてSRに拘る気は無いし
ヒーヒー言いながらSRに塗れる程マゾでもバカでも無いっすよ!www
 
まあ理想としては、俺のライディングも成長してSRも進化して行く位の関係を目指しているので
マイペースかつのんびりとやって行きたいと思っています。
 
 


posted by tetsutaro499 at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セッティングメモ@DAYTONA WINNERバージョンwww

-まず、基準となる仕様を決める。
今までで一番タイムが出ている仕様か、乗りやすいと思う仕様で良い。
この仕様のセッティング(車高、イニシャル、オイル銘柄&番手、油面etc)をしっかり測って記録しておく。
 
-セッティングでは、1回に1つだけ変える。
バネもイニシャルもオイルもいっぺんに変えて、それで良くなったとしても何で良くなったか分からない。
もしかしたら、バネで凄く悪くなったのを他のことが少しずつリカバーして、
トータルでちょっとだけ良くなったのかもしれない。
だから、一つずつパラメータを振って、それぞれのベストを探っていく。
 
-セッティングを進めていて分からなくなったら基準仕様に戻す。
そしてやり直す。逆に、もっと良い仕様が見つかったらそれを基準仕様にすれば良い。
ただ、「ちょっと良くなった」ぐらいのレベルだったら、基準は変えない方が良いと思う。
これはサスについての話だったけど、キャブとかでも同じだと思う。
 
俺はこのやり方にしたがって練習走行のたびにセッティングを振ってたから、
同じセッティングで走ったことはほとんど無い。(基準仕様に戻した時を除く)
走行間隔は1時間半はあけて、その間にデータ整理とセッティング変更してた。
そうやって蓄えたデータの中でベストなものでレースに臨む。
前のレースより良い仕様になっているんだから、タイムは出るはず。
思い込みかもしれないけど、精神的に余裕が出来る。
 
posted by tetsutaro499 at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。