2008年08月02日

俺の気持ちとフライホイールはクルクル空回り・・・

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/420377/img_420377_43493631_0?1217619534


レースから一ヶ月近く過ぎてようやくレースレポのUPです
今回は滅茶苦茶バタバタしてしまい、画像を殆ど撮ってません・・・ orz
よって一度使った画像でも再度使い回すのであしからず

で、‘全てはココから始まった!‘金曜日の特別スポーツ走行から・・・




コノ日は朝っぱらから生憎の雨・・・
6:30頃に筑波に到着し、珍しく金曜日から筑波に入っているダーマス兄弟と合流
すると、トラッカークラスのみならず筑波TTでも目立っている
‘でぶ1号‘さんも同じピットにてダーマス兄弟と談笑中
この方とは今回初めてお話するのだが、
1号さんによれば以前のTTにて皆の度肝を抜いた‘白鳥の湖コスプレ‘に関して
随分とネット上にて叩かれたとの事(まあインパクトは凄まじかったからね〜)
でも草レースは「ハレとケ」で言えば「ハレ」であると思うから
ある程度の‘お祭り‘的要素が必要だと思うし
それよりも筑波TT如きで、ドグマ的にストイシズムを求めちゃうような
「サーキット原理主義オタク」系が大嫌いなオイラとは当然の如く意気投合!
結論では「言いたい奴には言わせておけ」にてコノ議論は完結
その後は「関西弁と京都弁はどちらがエロイか??」や
「岸和田のセレブ自慢??」などなど、いつも通りのアホな会話に終始・・・

そうこうしている内に天気も何時の間にやら快晴になり
一本目の走行が近づいてきたのだが、FTとNSのダブルエントリーの俺は
路面が濡れている午前の2本を走らなくても、午後の2本が残っているので
余裕をコイて午前の部はパス!
午後まではたっぷり時間があるので、別にやらなくてもイイのだが
「クラッチの切れが悪い気がする」程度でなんとなく頼んでしまった純正パーツを使い
クラッチ板とスプリングの交換を余裕ブッこきで行ってました・・・
なんせ懸念されていた「点火系の問題」も
ピットでアイドリングさせたら調子が良かったので
暖気場で走らせる事もしないで、ココで安心してしまったんですね〜
しかし、コノ失態が後々尾を引く事に・・・





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/420377/img_420377_43493631_1?1217619534



この時は鼻歌交じりに「楽しく走っちゃおうかな〜」なんて余裕をブッこいてました・・・
コノ後訪れる‘地獄の2日間‘の事など知らずに・・・




マシンをチョコチョコいじりながらアチコチで談笑していたら
あっという間に午後の走行時間が近づいてきてしまい
またまたドタバタしながら準備をしていざコースへ・・・
ピットロードで異常に始動性が悪かったのだが、走りたい気持ちで一杯の俺は
強引にスロットルを煽りエンジンに火をいれつつコースに突入!
やはり調子が悪く一周目でピットに戻ってくるも
ピットロードで再び息を吹き返し、またまたコースへ
すると運良くSRに乗ったヒロシさんと遭遇
「こりゃイイや!」と思い追っかけて3周程するも
再びエンジンが失火してしまい、2ヘア入り口で完全にダウン
「何とかしてコースに復帰したい!」と2ヘアイン側の芝生にて怒涛のキック連発!!
勿論エンジンが目を覚ます事も無く、その内炎天下の暑さにヤラれてしまいプチゲロを吐く始末・・・
で、しょ〜がないから諦めて、走行終了までブッ倒れてました・・・

「またヤラかしたか〜」との視線が突き刺さる中、
ピットに帰還して早速の原因探求を開始!!
イグニッションコイル×3 CDI×2 それにウオタニのキットを丸ごと
を持ってきていたので色々なパターンを試してあ〜じゃこ〜じゃするも
全く火が飛ばず、仕舞にはシビレを切らしたハッシーに手伝って貰い二人で原因探求・・・
どうやらCDIとコイルは悪くなさそうなので
そうなるとピックアップコイル周辺がおかしいんじゃないか?との結論に至り
フライホイール側カバーを外し点火時期を見る為にハッシーがフライホイールに手を掛けると・・・
なんと!!フライホイールがクルクルと手で空回りしているではないか!!!
コノ頃にはピットに遊びに来ていたチーム七輪の町田氏、それに佐野さんも含めて一同唖然!!
で、フライホイールを外してみたら中のキーが粉々に砕けてました・・・
そんなので火が飛ぶわけ無いじゃん!!




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/420377/img_420377_43493631_2?1217619534


キーが砕け散りフライホイールがクルクル回ってしまった時の図
クランクの軸はぶっ叩くわ、固定のネジ山はインパクトでナメるわで
貴重品の500クランクを自分の不勉強のせいでオシャカにしてしまいました・・・
勉強代にしては偉い高くつきましたよ(涙)




「なんでこんな事になるんじゃい!!」と皆に質問される中
「モゴモゴ」と答える俺・・・「実は入れる時にハンマーで引っ叩きました・・・」
その時‘コイツって本当にアホなんだ‘と言う視線が一同から突き刺さったのは言うまでもありません
クランクにフライホイールを叩き入れるなんて持っての他らしく
エンジン整備で言えば「イロハのイ」らしいです・・・

でもさ〜SRのフライホイールって抜く時に滅茶苦茶固いのよ!!
だったら入れる時にさ〜「同じ位の力で入れても大丈夫かな?」なんて思うじゃん
(多分、誰一人として同意しないだろうけど・・・)
しかもさ〜サービスマニュアルに
「フライホイールはやさしく入れてね♪♪」とか
「激しくしちゃイヤよ!そっと丁寧にね!!」なんて書いてあればそうするさ!!
じぇんじぇん書いていないからさ〜そんなのぶち込むじゃん!!

なんて言い訳を心の中で唱えつつ、自分のしでかした事の重大さにオタオタしてました
「キーだけ入れ替えればなんとかなるかな?」などと話していると
佐野氏がなんと!キーを持ってピットに戻って来てくれるではないか!!
「アンタ!なんでこんなレアな予備パーツまで持っているの!!」
と驚くと同時に、物凄く感謝したのは言うまでもありません
流石の俺も‘あのダンディーなヒゲは伊達じゃねぇ!‘と唸りました・・・
こんな周りのの手助けもあり(つうか殆ど他人がなんとかしてくれた)
なんとかエンジンも元通りになり、テストでエンジンを始動!!
すると、元気良くアイドリングを始める俺のSR!

コノ時点で夕方近くになっていたし、なんせエンジンに火が入ったので
はっしーやら周りの人間に握手しまくって喜ぶ俺!
しかし以前と同じくアイドリングだけで満足してしまい
暖気場でのテスト走行はおろか、スロットルを煽って高回転部分のテストを行わなかった事が
後々に重大な悲劇を生む事に・・・
天国への扉をノックしているとばかり思い込んでいたのだが
実は地獄への扉を蹴破って突っ込んで行っていた事は
後々、思い知る羽目になります・・・


posted by tetsutaro499 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。