2010年09月20日

ワイズギヤキャストホイール

イメージ 1
 
 
 
いきなり話がレースから脱線するのだが、ワイズギヤキャストホイールのお話
 
何の脈絡もなく「キャストホイールはクソだ!」と断言したから
筑波でも何人かに「何で?」と質問を受けてたので、その辺について書いていきます
 
そもそもを言えば、2年くらい前に最終コーナーの立ち上がりで
車体がブルンブルン暴れて来る様になって、何でかな〜と悩んでいる時に
あちこちに相談してたら「剛性が低いからだよ」って話が多数出てきて
レギュレーションの都合上、スイングアームやフォークやステムを変えるのは出来なかったから
重量もさほど変わらずに剛性をアップ出来るホイール変更が有効なのかな?と思いまして
そんな話をしてたら「いいんじゃない」って意見も頂いたので、早速ホイール変更
 
ブランクを空けての練習だったので、単純にハンドリングがカチッとしてイイ感じに思ってました
(ココで気が付いていれば、時間を無駄にしなかったのにね〜)
だが、ペースを上げていくと、コーナー脱出時に僅かにホイールが跳ねる様に外に膨らむようになってきて
つってもほんの僅かにそうなっている感じかな〜位の感覚なんで
こりゃサスセッティングが悪いか、俺の乗り方か、空気圧が外れたか
兎に角ホイールの問題では無く、セッティングが悪いと思ってました
だからあちこちイジくり回してみても症状は全く治まらず・・・
そうこうしている内に練習量も落ちてきてwwwあっという間に2年が経過
 
で、前回レース時にフロントだけスポークに変えてレースに出場
そしたら何と!目から鱗
今まで各コーナーで出ていた立ち上がりでアウトに膨らむ症状がピタっと収まるじゃありませんか!
1コーナー、1ヘア、2ヘアではライン1本分 最終に至っては2〜3本分イン側を走れる
しかも外に膨らむ気がしないから、手前からスロットルを開けてグイグイ曲がって行ける!
なんじゃこりゃ〜!!
この一件でキャストは見限って、スポークに惚れ直したオイラは
新品リム&スポークでホイールを作成
剛性を上げて損をする事は無いと思い込んでた先入観は間違ってたんだね〜
 
ちなみに書いて置くと、イイ事ばかりでは無く
ネガの部分としてはコーナーリング時のハンドリングはちょっと下手こくと
グワングワンと振られる様になりますwww
でもバイクなりに丁寧に乗ってあげればネガ要素全くなし
気持ち良く曲がってくれます
ネガが全く無いとは言わないが、それでも車体の向きが変わる方が俺にとっては全然イイし
まあSRってバイクならそんな物だろう!と割り切ってしまえばいいのかなって感じですかね〜
それに一番大きいのはそれらも含めてもグイグイ曲がってくれて
「楽し〜い」って気分で乗れるのがデカいっすかね〜
 
まあ俺のマシンセッティングの肝は「乗っていて楽しい」って言う間違った方向性でして
速く走れるとかとは、基本二の次です
乗っていて楽しいからグイグイスロットルを開ける→で、結果タイムが付いてくる
ってのが理想かな〜
おっかなビックリ走っても‘速さ‘は付いて来ない気がするし
安心してマシンを操れないと色々な意味で上に上がろうって気も無くなると思うんだよな〜
 
話は逸れるがタマスピマフラーも「乗っていて楽しくなってくる」って点でも凄いなと思っていて
ココまで惚れ込めるのもソコが一番大きいです
だって未だにマシンに跨ってもワクワクさせてくれるマフラーってコレだけだもん
それぞれ試してみたから言うけどヨシムラもオーバーもAAAもスラクストンも、
言っちゃ悪いがその部分では全く歯が立ってないよ
性能もしかりだけど、音、トルク感などなどトータル含めてズバ抜けているわな!
(別に他を貶める意味では無く、あくまで個人的な感想なんであしからず)
それと度々突っ込まれるブレーキについてもそう
ノーマル2ポッドなんてなんで変えないのと度々言われるが
コントロール性で全然不満も無く、コーナーの突っ込みでも完敗した記憶が無い
それに俺にとってはコレが一番扱いやすく安心してブレーキ出来るんで、変えたいと思った事は無いっす
揉み出しとかをキチッとやって フルードも変えた1/2マスターとノーマルキャリパーで十分です
 
 
で振り返って見れば、「結局ほぼノーマル」って形に落ち着いたな
つか紆余曲折した意味は何だったんだろうか・・・
 
それと、「来年のNS1に足回りを変えないで出ようか」と言う話と「他のSRに興味が沸かない事」
の根っこにある共通部分が正にココで
SR本来の乗り心地と言うか曲がり心地を外していく事は俺にとっては有り得ないんだよね
今までショップの試乗車からレーサーから街乗りまで何台かの足回り変更したSRに乗らせて貰った事あるけど
乗り味でノーマルを超えたのは全く無いし、ソコを伸ばしているのも見た事無い
結局スポイルさせて終わっていた気がするな〜
(逆に‘味‘と言う部分で超えた物に出会ってみたいっす!マジで)
エンジンは手を付けていて速いのは判るし、倒立とか入ってカチッとしているとかタイヤがラジアルだから凄い
とかは体感できるけど、この足回りいいね〜ってのは出会った事無いよ
そう言う観点から見ると、数多のSRムック本なんて酷いの多いよ
空車時と乗車時のサスの沈み具合が殆ど変わらないガチガチサスなのは見え見えなのに
しなやかな足回りとか大嘘のインプレとか
F100R150の極太タイヤ履かせて倒しこみが軽いとか
極端な前下がりにしていてレーシだの何だの・・・
商売ベースの宣伝本にほぼ成り下がっていると言え、よくぞまあソコまで適当書くな〜と呆れます
昔バイカーズステーションに載っていた佐藤編集長さんのSRインプレ以外に
SRについて書かれた物で、読み応えあるな〜って思う本は無いんだよね〜
(だからライスポ以外に今でも買う雑誌はバイカーのみ1択です、あれだけは文章に金払ってもイイと思うから)
 
この辺を突き詰めれば個人の嗜好でしかないから正解は出ない物だけど
あくまで個人的な嗜好の部分だけを書かせて貰いました
昔S&Sさんに2VSレーサー乗せて貰った時、‘キング佐野‘方向のセッティングだったんだけど
俺にとってはヘロヘロだったもん、それまでは速い人のセッティングを真似ればイイ方向に行く
と思い込んでたけど、佐野さんと比べてテクも才能も劣っていて体重だけは勝ってた俺には全くダメだったね〜
だから前の文章で‘ある条件下では‘と注釈を付けたのは
人によって変わるし、走る場所でも変わるし、マシンの仕様でも変わる話なんでソコは気をつけて下さい
あくまで筑波サーキットを500ccで走った場合の意見です
でも一つだけ言わせて貰うと、世間で喧伝されるほどノーマルは悪くないよ
足回りだけで言えば リヤサス変えてフロントの油面と粘度を変えるだけでソコソコは走ります
よく言われるフォークなりスイングアームが物凄く捩れるとかのお話聞くたびに
そこまでグリップ力が高いタイヤがあるんなら俺の所に持って来いやゴルァ!って思いますもんマジで!
この辺も結局はSRが抱えるいびつさが原因だよね
この前友達に言われてハッとしたけど、フレームとエンジンの外見だけ残して他は全部取り替えてるのが
ゴロゴロいるオートバイっておかしく無い?って指摘は鋭いとこ突いてると思った
他の普通のバイク乗りから見れば異常みたいだし、確かに俺もそう思う
でもその手のつけ易さが、SRを生き永らせてきた大きな要因でもあるしな〜
ただ現状のノーマルの過小評価っぷりは少し修正した方がいいんじゃないかと個人的には思いますね〜
 
まあレースに関係無い話をつらつらと書き連ねてきたが
次回こそはレースレポにちゃんと戻ります
 
 
 
 
 
 
 
 
 


posted by tetsutaro499 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日、タマスピマフラー、蒸着しました。
予想以上のパワー、音、軽さ、溶接の美しさ‥‥‥。
イイモノ買わせていただきました!!!
ノーマルな所が無い『うんこ号』オーナーでした(笑)
Posted by もちょい at 2010年09月21日 00:14
>もちょいさん
おっ遂に買いましたか〜
良かったですね!!
思う存分‘タマスピワールド‘を味わって下さい
つか、何でハンドルネーム変えたの??
Posted by tetsutaro499 at 2010年09月22日 02:55
某『グルメ王』から、行方をくらませる為だったのですが、すぐにばれました(笑)
Posted by もちょい at 2010年09月22日 07:07
ぶはは 毒吐きまくりだねw
自分のインプレ(本音)だからOKでしょ
「素」を突き進めるのもよし!
「弄る」楽しさを求めるのもよし!
趣味だからいいのよ
「デブ専」とか「貧乳好き」とか「デカ乳LOVE」とか
個人の判断で楽しめればOKじゃん♪
ええ 遅いオトコの負け惜しみです はい(笑)
Posted by NARI at 2010年09月24日 20:56
>もちょいさん
そう言う事だったんですね!
頭隠して尻隠さず状態ですがwww
Posted by tetsutaro499 at 2010年09月26日 08:55
>NARIさん
世の中が佐々木希のアンニュイさに傾けば
「元祖アンニュイな裕木奈江を忘れるな!」と言いたいし
パフュームのダンスに驚けば
「ド根性ダンスで名を馳せたセイントフォーを思い出せ」と叫ぶ
タイプなんでね〜
巷に溢れる情報の中で、こっち側の視点があんまり無いので
ちょっぴり突っ込んで見た次第です
こうしたければ=こうしないとダメ
では無く色々と手を探れば面白い物も掘れるよ
って言う意味が伝わるとイイんだけどな〜
でも個人的に言えばこの前のミーティングで
各自が己のフィルターを通して思い思いに反映させたSR
を見ていると、凄いな〜と思うと同時に
俺が得ている情報を遥かに凌ぐレベルで
現場のSR乗り達は進んで行っているんだと実感しました
百聞は一見にしかずで、目から鱗が落ちました
Posted by tetsutaro499 at 2010年09月26日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。