2010年10月16日

今更 筑波TT雑記

イメージ 1
 
 
今頃になって 自分で撮った筑波TT画像が発掘されたので‘雑記‘として記事を起こして見ました
 
で、表紙を飾るのは念願の?NS-2初優勝をしたトリケラトプスS.R.D.の長野さん
当ブログでは長野氏の事を
「練習番長」だの「筑波に住んでる」など散々コケにした事しか書いて来ませんでしたがwww
遂にと言うかようやく優勝してました
 
シングル界のキングofダンディー野郎@佐野さんとタッグを組んでからは
NS-2耐久=エンジンブッ壊れてリタイヤ
もて耐  =クラッチトラブルで順位ダダ下がり
と、散々な結果で終わってきたみたいだが
その頸木から解き放たれて見れば、この好成績!
何かを感じずにはいられないのは俺だけでしょうか?www
本表彰の時「お金と練習時間はNo1」と自身で語っていたのには
誰もが頷く努力の人なので、今回の勝ちはさぞ嬉しかったでしょう
(すかさずTRS陣営から「だったら俺は2番目だって言ってやれ!」
                   と2位の入江氏にヤジが飛んでたのには爆笑しましたが)
 
NS2は1コーナーにて見学してたのですが
初っ端からTRSの入江氏とテールtoノーズの壮絶バトルを繰り広げていて
そりゃまあ凄い事になっておりましたわ
1コーナーを最大の勝負所と踏んだのであろう入江氏の
凄まじいまでの気合の入った「鬼ブレーキング&突込み」
それに負けじと真横に並ばれても「決して前を譲るもんか!」との気持ちが
こっちまで伝わる様な長野氏のコーナーリング
それが最初から最後までズーっと続くんだから
この二人の集中力と精神的なタフネスさに魅了されちまったな〜
兎に角、凄くイイレースでしたわ
 
イメージ 2
 
 
優勝車両として車両保管されtれいた長野氏の愛機
 
でもこの後、CLUB1.2な某氏の指摘により
フレームのサス受け部分にクラックが入っている事が発覚すると言う事態に・・・
(つか、実はレース前に気が付いていたのだが 気の弱い?長野氏の為にあえて黙っていたらしいwww)
 
この後、長野氏は
「SRXのフレームなら3本位持っているから 乗せ換えれば大丈夫」などと
人としてかなり頭のオカシな発言をしておりましたwww
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
これはじょーかー氏のマシン
俺的にはNS2の中でも結構好きな部類に入るマシンです
凄くシンプルな中にも「立ち姿がカッコイイなー」と思わせるオーラがあります
(実は大半が高橋進氏Madeだったりするんだけどwww)
マシンには高価な部品を使わないのに シートのステッカーにはバカみたいに金を掛けちゃう
‘遊び心‘部分も含めてセンスが最高です
 
後、このマシンがイイな〜と思う部分にも通じる話なのだが
どうやら俺はカスタム否定派な部分があると思われている様なので少し書きたいのだが
別に否定している訳では無く、どっちが好きか?と言う個人の嗜好の問題だと思っているだけです
で、世の中の一杯カスタムされたマシン類よりも 筑波TTに出てくる様なボロマシンに個人的に惹かれるのは
そこに「引き算」の美学を感じるから
 
レギュレーションで縛られた中で マシンを速くしようとした場合
モデファイが出来ない分どうするかと言えば、基本的には余計な部分を削ぎ落として行くってのがセオリーで
その「削ぎ落として行く」って事が、ここで指す「引き算」です
で、まあ個人的にはこの「削ぎ落として行く」と言う工程そのものに
パンクから贅肉を落として先鋭化させていくハードコアに通じるかっこよさを感じてしまう訳です
レーサーって物自体が機能を純化させて行く方向性なのだから
全てが「引き算」になっていなきゃいけないのだろうけど
MOTO GPマシンや全日本マシンにはその匂いを感じないんだよな〜
なんか現行のレーサーには小難しい電子制御だの何だのが一杯付いていて
アスリートが贅肉を削ぎ落とした様な美しさを感じません!個人的には・・・
唯一の例外がモタードマシンで、MOTO1を走っている各クラスのマシンには
立ち姿が「シャン」とした物を感じてしまいます
 
筑波TTの基本概念がノーマルクラスだから
必然的に出て来るマシンは「引き算」が多い訳で
しかも「引く」と言う行為に対して 各自が色々な解釈をしながら作ったマシンが集まり
百花繚乱のマシン絵巻を繰り広げる様は 俺にとってはとても面白いです
この辺の「引いている感じ」ってのは、あくまで感覚論でしかなく
例えばTOSH−TECのRZ号やDIABLOのササヤン号なんかは
モデファイOKレギュレーションで造られているんだけど
引き算オーラをビンビン感じるから言葉で説明するのは難しいんだけどね・・・
 
 
そんな俺だから巷で言われるカスタムと呼ばれる手法には
野暮ったさと言うか「足し算」的な部分に見えて来てしまう訳です!ハイ
まあ、この辺に関してはあくまで嗜好の問題であり
それこそ「巨乳が好きか?それともプチおっぱいか?」程度の物で
どっちがイイor悪いって物では無いと思うんだけどね〜
 
 
 
イメージ 4
 
タマスピ1号車の新オーナーとなった
‘Mrエロリスト‘もしくは‘レン耐野郎‘こすけっ!氏
 
レース直前に「あのキャンギャルの脇腹の贅肉見てごらん」と
RQマニアっぷりとエロさに「流石!エロ師匠」と唸りましたwww
 
 
 
 
 
眠くなってきたので
ココから先は適当に写真を貼り付けます
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7


posted by tetsutaro499 at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エロリスト・・・
レース中 1ヘアでミニスカートの女の子に視線が釘つけになっていたのは内緒です。。。。
レースでシャイクダウンを終えたのでシミの一つ一つを覚えているコース1000を卒業して
やっとこさ重い腰を振って・・・
・・・いや あげてコース2000の練習をしてみたいと思います。
Posted by kei**uki*_z at 2010年10月18日 03:26
>こすけっ!さん
内緒にしなくったって、貴方の視線は何時も女子に向いているのは
知り合いの誰もが知る所なので大丈夫ですよwww
あれだけのマシンをお持ちなら2000を走らないなんて勿体無い!
今度は練習で会いましょう!
(とは言っても、俺も最近重い腰を上げたばかりだがwww)
Posted by tetsutaro499 at 2010年10月19日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。