2012年08月02日

2012年 SingleNuts! 秋の陣

nuts-2012-thumb-400x544-1280.jpg



俺自身もエントリー締め切り期間をすっかり忘れ慌てて申し込んだ
SingleNuts走行会in京葉スピードランドです

http://www.singlenuts.jp/2012/02/singlenuts-5.html

今回は今迄と違い、8月10日までのエントリー締め切りまでに
人数が集まらなければ開催しない方向みたいです
だから「ギリギリで大丈夫だべ」なんて思っている方は
今申し込んでおかないと、開催されなくなる可能性が大なので
参加したい!と思っているなら、まずは申し込みをしましょう
かく云う俺自身も、バイクは出来てねぇし、会社的にも家庭的にも
微妙ですが、やれば行きたいのでついさっき申し込みしました







で、ここから以降は、半分愚痴





特に誰とかの話では無いので、変に勘ぐらないでね!




SingleNuts走行会に初めて参加して以来
俺自身は「面白い!」と思ったので
まあ、積極的とまでは行かなくても
それなりに周りをお誘いしたりしてみた訳です
開催は日曜だし、走行時間と本数を考えても
1万位の参加費は、走行会としては破格値
筑波の練習と比較してもコストパフォーマンスは
そんなに悪くないので
少しは参加者増えればな〜などと思ったりしたが
まあ見事に目論見はハズレ
来てくれるのは地元の仲間2〜3名だけ・・・

で、参加出来ないorしたくないの理由で結構聞くのは
「ノリが・・・」
「カラーが・・・」
「ソリが・・・」
って言う、SingleNutsへの先入観先行のイメージによる理由
俺自身が、以前は色眼鏡で物事判断するタイプだったんで
それ持ちだされたらぐうの音も出なくなるから
敢えて反論も擁護もせず「そうなんだ〜」と黙ってたけど
実は心の底で「勿体無いな〜」と思ってたりしますわ
俺の体験で言えば以前は「ケッ!SingleNutsて何だよ」とか
「ネットでチマチマ集まりやがって」なんてルサンチマン燃やしてた
方々と一緒の走行会走ったり、それこそミニの耐久出たりと
今となってはしてるけど、そこで思うのは
変に壁を作ってたのはこっちで、その壁を壊せば
何てこと無い、別に自分らと変わらない
バカでアホで愉快な連中がそこにいたりしますわ
それに只の走行会なんだから「仲良くしなくちゃダメ」とか
「コミュ障は来るな」なんて縛りは何も無いんだから
ただ来て、ただ走ればイイじゃん 
別に空気なんで気にしなきゃイイじゃんなんて思いますね〜
学生の仲良しゴッゴじゃあるめぇし
走行会の条件としては悪くないんだからさ!

まあ、イイ感じのビートがフロアで鳴っているのに
踊らない連中に対して
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」
以上の感情は抱かないので、特にゴリ押しはしませんが・・・
舞台は整っているのに踊らないのは勿体無いよ!マジで・・・
posted by tetsutaro499 at 01:03| Comment(560) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

棺を蓋いて定まる

ちと長いが引用



政治を弔うということ

ナショナリズムについて書いたら、午後に毎日新聞から「当今の若者の政治行動について」インタビューを受けた。
おおシンクロニシティ。
どうしていまの若者たちは言説レベルではあれほど排外主義的なのに、実際行動として政治党派を結成するとかデモをするとかしないのでしょう・・・というお訊ねである。
もちろんそんなめんどうなことを彼らがするはずがない。
書いたとおり、彼らは「グローバリゼーションの申し子」だから、「できるだけコストをかけずに最大の利益を上げる」ことを生きる上での基本原則として教え込まれている。
しかるに政治運動というのは、若い人もおそらく直感的にわかっているだろうが、その全行程の90%以上が「ぱっとしない日常」なのである。
運のいい政治運動の場合は10%程度の「祝祭的高揚期」に恵まれる。
その時期には「祭りだ祭りだ」と有象無象がわらわらと寄ってくるので、一時的ににぎやかになる。
しかし、あらゆる政治運動は、どれほど綱領的に整合的でも、政治的に正しくても、必ずいつかは「落ち目」になる。
これは歴史が教える永遠の真理である。
しかし、政治運動が歴史的事象として記憶され、知的なリソースとして後代に活用されるためには、この「落ち目の局面」を粛々とになう「後退戦の将兵たち」が必要である。
ある政治的運動の歴史的な価値は、祝祭的な場面における動員数や、そこで破壊されたものの規模によってではなく、「非祝祭的後退戦」を黙々と担う「弔い役」の仕事のていねいさによって決まるのである。
「棺を蓋いて定まる」と古諺に言うとおり、人の世の出来事はすべてが終わり、「がたん」と棺の蓋が閉まったときにはじめてそれが何であったかがわかる。
誰もがその思想や運動に見向きもしなくなったとき、こつこつと「後片付け」をする人間がどれだけていねいにその仕事を果たすかで、その価値は決まる。
東大全共闘は政治運動としてある種の完結性をもつことができたと私は思っているが、それは山本義隆という個人が「弔い」仕事を引き受けたからだ。
痩せて疲れ果てた山本義隆が1974年の冬、東大全共闘最後の立て看を片付けているとき、彼の傍らにはもう一人の同志も残っていなかった。
冬の夕方、10畳敷きほどある巨大な立て看を銀杏並木の下ずるずるとひきずってゆく山本義隆の手助けをしようとする東大生は一人もいなかった。
目を向ける人さえいなかった。
法文一号館の階段に腰を下ろしていた私の目にそれは死に絶えた一族の遺骸を収めた「巨大な棺」を一人で引きずっている老人のように見えた。
東大全共闘はひとりの山本義隆を得たことで「棺を蓋われた」と私は思っている。
ナショナリズムでもフェミニズムでも、政治運動である限り、それはいつか退潮期を迎える。
そのときに「イズムの弔い」を引き受ける覚悟のある人間がいる政治運動はそのような「オーラ」を前倒しで帯びることになる。
「その政治運動が没落したときに見捨てない人間がいる」という未来の事実が、現在のその政治運動の質を担保するのである。

http://blog.tatsuru.com/archives/001693.php

出が極左なんでこんな文の引用になってしまうが
ここに出てくる「政治運動」と言う言葉を「レース活動」に置き換えて貰いたい

紆余曲折がありつつ俺自身が10年間関わった、極々小さな草レースに関して
何処かで記録として残したいと云う燻り続けた小さな火種が
この文章とECD氏の書籍に影響を受けた事により再びささやかながら火を灯しました

俺が東大全共闘の山本義隆氏の様になれるとは言わないが
一時期ではあるが全力を傾けたレース「SRフロンティア」の存在が
このまま時の流れの中で忘れ去られ消えていくのを座視して行くことは堪えられないと云う気持ちは
常々燻り続けていたし、これらを記録していた動画、画像、そして宝物の様な経験を
沢山所有している自己認識は 記録に残せていない事実の後ろめたさと共に抱えていました

昔のようにモチベーションを上げて更新はできないかもしれないが
どれだけ時間が掛かっても手持ちの動画、画像、そして拙い文章によって
当時の記録を残して行きたいと今は思ってます

img_420377_23319927_1.jpg
posted by tetsutaro499 at 23:56| Comment(156) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

メルトダウン

 
 
 
昨日は
 
PCで原子力資料情報室による福島第一原発に関するUSTREAMを
 
TVで枝野官房長官による記者会見を
 
交互に見ながら恐怖に慄いていた
 
画像
 
 
諸説あるようだが
 
昨日の夜の時点で日本は間違い無くギリギリの瀬戸際まで追い込まれていたと俺は思う
 
 
それらを救った現場の方々の勇気ある行動には心から敬意を表したい
 
本当にありがとう
 
 
posted by tetsutaro499 at 10:27| Comment(123) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

星空

イメージ 1
 
 
大渋滞に巻き込まれながら帰宅をし
 
二人で近所の回転寿司でちょっと遅めの晩飯を済ませた後
 
一旦家に戻ってから 
 
スーパーで食料の買出しをしようと
 
2人して星空を眺めながら徒歩でトコトコ30分位歩いた
 
店内がグチャグチャになったらしく
 
残念ながらスーパーは閉まっていたが
 
普通の生活を送れる事がこんなにも幸せなんだ
 
とかみ締める事が出来る日はそうは無い
 
と言うか、振り返る事が今迄は無かった
 
 
 
 
PS
 
世間がこれだけ大騒ぎしているにも係わらず
 
混雑している中、電話を掛けて来たので
 
「嗚呼!俺の事心配してくれていたのか〜」とちょっぴり感動したら
 
開口一番
 
SRに流用できるストレートタイプの純正クラッチレバーの品番を聞きに来たダーマス兄
 
あの方の単純脳細胞回路のブレ無さ具合に、違った意味で感動しました
 
相変わらず熱いな〜
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 03:03| Comment(89) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

レースウィークの予定

イメージ 1
 
 
ようやく待ちに待ったエンジンも組みあがり
昨日、DIABLOより引き揚げて(いとっちさんサンキューっす)
直ぐにでも車体に載せたい所なのだが
 
イメージ 2
 
約束していたコストコへの食料買出しがあったので
今日は新三郷のコストコへ・・・
 
レース直前でテンパり気味にヤバイのだが
だからと言ってレース優先で家庭内の約束を反故にしようものなら
後が怖いんでね・・・orz
 
イメージ 3
 
で、外装のカッティングカーボンの総張替えは今日ようやく完成
 
筑波TTのエントリーリストを見ていて気が付いたのだが
全クラスのエントリーの中で
ゼッケン1番を着けているのって俺だけだったんだね〜
自作でゼッケンを作るのに1が一番簡単に作れるのに何でだろ??
やっぱり気が引ける番号なのかな?
まあ、俺の場合はトラッカーシートを無理矢理ゼッケンベースにしている都合上
これ以外は選択肢がないからしょうがなく着けてはいるんだけどね・・・
 
 
 
 
俺の今後の予定ですが
 
木曜
 
ガッツがあれば筑波
メンド臭くなったら近所の青空ガレージにて
マシンの組み立て&その他メンテ
 
で、一度帰宅
 
金曜
 
明日A2,A4が取れればそこを使ってナラシ
特スポにて練習&セッティング
 
赤枠2本が取れなかったら特スポ使ってナラシ
 
そのまま筑波で車中泊
 
土曜
 
レース
 
その後エレファンツの面々&タマスピ様と飲み会&カラオケ大会??
 
ビジネスホテル泊
 
日曜
 
某河川敷にて秘密の集会???
 
帰宅
 
 
 
 
以上の予定です
 
 
 
 
 
PS
 
ダーシモ氏が奥様と深夜の‘シルクド・ソレイユ‘をした所
余りにアクロバティックな体位のお陰でギックリ腰との怪情報アリ
今回のレースはAAAの小池さんも何故か欠席だし
伸び盛りだったつちやす氏@SRX600も欠席で
ライバルがドンドンと自滅or欠席してくれているお陰で
「夢のNS-1表彰台」がグ〜ンと近づいて来ている予感が・・・
 
七輪、ポイントアップ、TRSの表彰台常連組が
ほぼ独占するのは目に見えているとは言え
下位の1個2個に空席が出れば、滑り込める可能性が出て来たから
後はマシン作りをしっかりして、何とか完走したいよね〜
 
 
まあ、小池さんやつちやす氏もそうだけど
カメダレーシングのよしべー氏などの
‘お馬鹿‘が出来る人達が欠席ってのは
チト寂しい気もするのが正直な所なんだけどさ・・・
 
 
今週末、筑波で会う皆さんはヨロシクです
お互いコケ無い様に楽しくレースやりましょうや!
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 00:05| Comment(9) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

ストリート系ライダー

 
イメージ 1
 
今月は8本も走行枠を押さえ、怒涛の練習月になるはずが
 
来たのはバイクの波では無く、仕事の津波が押し寄せ
 
第一週目以降は全く休みが取れなく
 
18日に辛うじて休日が取れるも
 
その日は千葉県浦安市にある「ねずみーランド」でサービスに励み
 
全くバイクに触れぬ始末・・・
 
 
飛び込みで3発も出張が入り、家にすら帰れない日々が続いていたので
 
ドサ廻り先のビジネスホテルにバイクパーツを持ち込んでは
 
シコシコと夜な夜な磨くか、ストレッチするか、イメトレするか位の準備しか出来ませんでした(涙)
 
 
イメージ 2
 
今日は久々に休みが取れたので
 
DIABLOから上がって来るニューエンジンを迎え入れるべく
 
「ヨ〜シ!今日こそバイクをイジルぞ!」
 
と、いつもの行きつけの青空ガレージ(akaコイン洗車場)に向かうと
 
天気も良く暖かい日だったので激混み!
 
「家族連れ」と言う名の豚共がブヒブヒ言いながら洗車しておりました・・・
 
こんな時の為に押さえている場末の洗車場に向かうと空いていたので
 
「あ〜良かった」と胸を撫で下ろし、バイクと工具を降ろして始めようとすると
 
何故か?こんな日に限って管理人が来てやがって
 
「何を始めるんじゃい!」と凄い剣幕で迫って来たのでそそくさ退散・・・
 
イメージ 3
 
 
で、結局辿り着いたのは、某工業団地にある路上・・・
 
ここは以前「職務質問」と言う名の国家権力による弾圧の憂き目に会って以来
 
来たく無かったのだが、背に腹は変えられぬと言うことで作業開始
 
 
 
イメージ 4
 
 
エンジン降ろしのついでに、前回筑波走行した際に
 
長野氏のメカとして来ていた‘Mr松葉杖‘M田氏に
 
「リヤ廻りの挙動がオカシかった」と指摘されてしまったので
 
リヤ廻りの全バラ&グリスアップ、その他稼動部分も清掃&グリスアップしてたら
 
あっという間にタイムリミットが来てしまい、作業終了!
 
 
 
レースまで一週間を切っているのに走れるのかな〜???
posted by tetsutaro499 at 23:23| Comment(15) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

SSUミーティング IN 富士スピードウェイ and SingleNuts!

SSUミーティング IN 富士スピードウェイ and SingleNuts!
日時:4/24(日) 10時より
場所:富士スピードウェイ(ショートコース)
主催:SSU(シングル.ショップ.ユニオン)
協賛:SingleNust!
※当日富士スピードウェイ入場料1000円 / 人が別途かかります
車種にこだわらず「Single」を愛する集まりがSingleNuts!です
SR・SRXだけでなく、FTRやグース、CL400,CB400SSなど「Single」で盛り上がりましょう♪
当日はSingleShopのブースも出ますので商品などが実際に見れる機会になります
雑誌取材も来るかも?
※走行会は申し込み者のみになります
走行費 
・スポーツ走行 15000円  20分x4回 要皮ツナギ、フルフェイス  
・体験走行    8000円  先導車付き20分x2回
 長袖+長ズボン(ツーリング装備)JIS C種以上のヘルメット
自動測定希望者 別途2100円(要予約)
※当日富士スピードウェイ入場料1000円 / 人が別途かかります
締め切り 4月3日  定員になり次第終了
走行者タイスケ
7:00 ゲートオープン
7:45 受付
8:30 ミーティング
9:00 走行開始
走行希望者はSingkeNuts!で受付ますので下記にメールにてご連絡ください
また、業者のブース出店も絶賛受付中です、こちらもメールにてご連絡ください
※当日は展示のみで物品販売は出来ませんでのご了承ください
 
E-MAIL  nari☆singlenuts.jp   ☆の部分を@に変換して下さい
 
 
 
__________________________________________________________________________________________________________________________________________
 
 
 
 
富士のショートコースは凄く走って見たかったコースなんで
仕事をブッ込まれない限り、スポーツ走行には参加する予定です
俺みたいに走って見たい方(M澤 Y口の両名なんかどう?)、
若しくはミーティングに行きたい方(K林Tし あんた絶対に行くんだろ?)
高速代を浮かす為に一緒に行かない??
 
行きたいなら連絡ちょうだいね!
 
posted by tetsutaro499 at 08:17| Comment(12) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

三十路の衝動

イメージ 1
 
イメージ 2
 
クソ寒い中、作業着一丁で作業開始し
アンダーカウル取り付け、タンデムステップ切り落とし、ハーネス処理等々をしてたら
余りの寒さに倒れそうになりました。。。
 
イメージ 3
 
DIABLOに依頼していたSR用オイルキャッチタンクのモデファイが完了
ドレンとヘッドのブリーザー圧抜きホース取り付け口金を追加してみました
これでメンテがちょっとは楽になるかな?
 
 
イメージ 5
 
ついでにCBR600用すべり止めをGET!
(いとっちさん!アリガトウございます)
早速、多少モデファイしてSRのタンクに貼ってみよう
 
イメージ 4
 
カーボン柄カッティングシート15mをヤフオクにて購入
その辺で買う奴の1/10の価格ってのは安いな〜
予定では3月のレースまでに外装を全て張替え予定だけど
XRつうオモチャが手に入ったから、そんなのやらないでそっちで遊びそうな予感が・・・
 
つか日曜に身内が皆 岩井で走行会やるらしいんだけど
XR持って凄く行きたい・・・
土曜日に筑波を走って、日曜に岩井に行ったら怒られそうだな〜
でも行きたいんだけどね〜
 
イメージ 6
 
土曜の筑波に向け
フロントフォークの組み立て
 
イメージ 7
 
 
こいつが、思い通りに動いてくれるとイイな〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合間を縫ってこうも毎日毎日バイクの事ばかりやっていると
「アホか!」と呆れられるが
まあ、トシを喰ってからハマった分タチが悪いのは重々承知しております
ハイ!!
 
でもね、ギャンブル嵌ったり、女遊びでモメたり、
社内のストレスでヤラれて心療内科に通い薬をボリボリ齧ったり
なんて姿を見たりすると
下らない物でも打ち込める物があって良かった!
とホッとする自分が居るわな
崩れる奴と崩れない奴なんて、ほんの紙一重の違いしか無いから
バイクのお陰で、その紙一重を越えなくて済むなら
それはそれで、掛ける価値はあると思いますわ
 
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
タンクに貼る用のヤマハデカールで
黒淵で中が金色のデカールが欲しくて
古い品番を調べて注文しているんだが
2回とも外れを引きまして
見事!欲しいのと違うのが来ました!チクショ〜!!
 
何方かこれの黒い淵バージョンの部品番号知りませんか?
 
知っていたら是非教えて下さい!お願いします!!
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 23:17| Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

善は急げ!悪はもっと急げ!!

イメージ 1
 
 
で、早速
栃木県は下都賀郡野木町にあるi-factoryさんへXR100Mを引き取りに突撃!
 
お店前にはi-factoryの4tコンテナトラックがドッドーンと鎮座し
ショーウィンドにはストリップ状態のRS250が並ぶと言う
正に世界レベルの匂いがプンプンする店構えに
あたくしの様な‘百姓ライダー‘早くも緊張気味・・・
そんな緊張を抑え店内に入ると、早速五百部さん登場!!
ガチガチになりながらも自己紹介をすると
意外や意外!かなりフレンドリーに話し掛けて頂き緊張も解れました
ガチガチのレース屋さんだろうから・・・なんて思っていたあたくしとしては嬉しい拍子抜けwww
 
イメージ 2
 
 
その後コーヒーをご馳走になりながら、奥様も交え色々とお話を聞かせて貰いました
(特に奥様のキャラがイイ意味で最高でした)
今回の販売は、やはりこのバイクをレースに使って貰える人に売りたいってのがかなりあったらしく
何故なら、一昨年にモテギ北で売ったレンタル用XR100M20台が
同じ様にレースの参加者が増える様に!っていう目的で格安販売したにも関わらず
レース参加者はそれ程増えず、オマケにヤフオク転売するバカまでいたみたいで
その経験から、今回はレースに出そうな人で絞ったら運良く俺になったみたいっす!
(やっぱりと言うか案の定 転売目的のバイク屋からパーツだけ剥ぎ取りたい奴まで色々と応募があったらしい)
それと、五百部さん夫婦の会話の端々に
モテギ北を愛する気持ちが伝わりまくっていて
「凄くイイ人だな〜」ってのは凄く感じましたね〜
 
そんな熱い気持ちがあったからかは知りませんが
XR100Mには各部グリスアップ及び清掃をきっちりしてありまして
あたくしとしては非常に嬉しかったっす!!
で、色々とレクチャーを受けていたら
「タイヤは交換した方がイイ」ってのと
「レースに出たいならアンダーカウルは必要」と言われ
お店の在庫を聞くと、両方あるとの事なので
ついでにタイヤとアンダーカウルを購入しました
 
イメージ 3
 
 
そんなこんなでi-factoryを後にし帰宅したのですが
帰路途中で、どうしてもXR100Mを見たくなったので
途中のコンビニの駐車場にてバイクを降ろし、コーヒー片手にしばしの鑑賞タイムwww
すると、ノーマルステップがかなり低くステップにもかなりの傷が・・・
「こりゃバックステップを入れないとサーキット走行は怖いべ!」と言うことで
その場で早速ダイレクト・ドットコム・レーシングの甲斐田さんにTELをし
在庫の確認をすると「ある」との事なので、そのまま習志野のダイレクト・ドットコムへ・・・
 
バックステップ購入ついでに、転等防止パーツとハンドルストッパーも買い
店主自らを手伝わせちゃっかりその場で装着
(甲斐田さんアリガトウございました!!)
どさくさに紛れ、i-factoryで買ったタイヤ交換も完了www
 
イメージ 4
 
で、i-factoryを出て4時間後には今にも走り出せるミニモトレーサーが一丁完了!!
その後、甲斐田さんに色々なアドバイス&レクチャーを受けて
ダイレクト・ドットコム・レーシングを後にしました
 
今後はいらないSRパーツを売り払いつつ
そのお金で、ダイレクトのまだまだ欲しいパーツを買い集めながら
同時に練習をガンガンしたいと思いますわ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 23:13| Comment(13) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

ヤバイ!!マジで嬉しい!!

イメージ 1
 
 
 
sumi君のブログを見ていたら
 
気になる書き込みを見つけて
 
早速 リンク先となっているi−FACTORYの五百部徳雄の監督日誌ブログ」に飛んで見ると
 
なんと!マジでXR100モタードが売っているではないか!!
 
 
ブログアップ翌日に見かけたので
 
「どうせ、売れているんだろうな〜」と思いつつ
 
一応、i-FACTORYに電話で問い合わせ・・・
 
すると、女性の方が出て
 
「今現在で7件の問い合わせが来ているんですよ〜」との回答
 
「やっぱり無理なのか〜」と諦めようとした時に
 
その女性の方が
 
「五百部さんは公平に選びたいみたいなので、メールかFAXで申し込みして貰えますか!
 
もしも本当に欲しくて、レースで使いたい気持ちがあるなら
その熱き思いを書くといいかもしれませんよ」
 
とのお言葉
(この女性の言葉には本当に感謝します)
 
 
で、家に帰りつたない文章で思いを記しメール・・・
 
 
 
そして今日!五百部さん直々に電話を貰い
 
あたくしがその難関を潜り抜け購入出来ると言う事になりました!!
 
いや〜マジで嬉しいっす!!
 
早速、明日にでもi-factoryに向かいたいと思います。
 
 
五百部さんに
「もて北のレースに出てくれそうな方だんで・・・」
と言われてしまったからには
今年は筑波プラスもて北も出ないとな〜・・・ 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 22:02| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。