2008年12月22日

書けない部分も一杯??

イメージ 1

ブロガー?として完全に失格なのだが
またまた途中経過をかなりすっ飛ばして、取り合えず完成?画像でも・・・


まあ、毎度毎度のお約束で
「ヘッドに黒ペンキ飛散」や「アルミ&銅のハイブリッドワッシャー」だの
「ケースにキックがガッチリ干渉」や「ワイヤリング方向違くねぇ??」などなど
その他諸々の‘ダメ出し‘を数々喰らう
適当さ出まくりの‘ミッキーマウスジョブ‘状態ですが
(マシンを造る度に自分でも嫌になって来ますわ・・・)
この辺も、文字通りの‘ホームメイド‘ならではの「味」つう事でご勘弁頂きたい・・・
(特に、焼津市にある某SHOPのメガネコンビな方々・・・)


で、「何処で画像を撮ってるんじゃい!」と言われそうですが
その辺に関しては書けない事もありまして、完全スルーにて次回予定の記事
「ハミングは09CRFと呼べるのか?(笑)」に繋ぎたいと思います


あっ!後マシン造りに関するツメの甘さに関してのコメントは厳禁でお願いします
(特に象さん&熊さん関係の方々・・・)
マシン画像を撮るのに、タンクキャップにキーがぶっ刺さっている辺りの
ダメさ加減も含めて、自分でも充分判ってますから!!
posted by tetsutaro499 at 13:17| Comment(25) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

またまた調子コイてパーツ購入

イメージ 1

で、「前夜祭」があれば「本祭り」もある訳でして
昨日ボーナスが入ったのを確認してから、
会社の昼休みにコソコソとBORE−ACEさん[http://www.bore-ace.com/]
にお電話!!

前々から欲しくて欲しくてしょうがなかった
‘オイルラインキット‘と‘リジットマウント‘と‘チェンジアシスト‘を遂に注文!
注文時にあれこれ質問等もしたのだが
BORE−ACEさんの対応はすこぶる良く、非常に丁寧に質問にも答えてくれました
で、とても気持ち良く注文を済ませたのだが
なんと!昨日注文した品物が、大阪より千葉まで一日で到着!!
対応やレスポンスの早さも含めて満点でした!

で、早速開封したのだが
非常に細かい部分までキッチリ気配りをされていて大満足!!
(この辺は後々書いていきます!!)

あ〜
早く装着したいな!!
posted by tetsutaro499 at 01:45| Comment(6) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ザ・ケツカッチン!!

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_42142356_0?1211563035



グンニャリ曲がっていたノーマルメーターステーをハンマーでぶっ叩いて修正した後
固定ボルトをサンダーで吹き飛ばし、適当な端切れ鉄板を溶接で付けて完成した
新型の?メーターステー



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_42142356_1?1211563035


で、ゼッケンプレートに合う様にボルト&カラーで下側にオフセットして取り付け完了!
全体のイメージがブラックっちゅう事で、本当なら街乗りSR用に使おうと秘蔵していた
旧型のブラックパネルのタコメーターを惜しげも無く投入!
(今迄、転倒で3個もタコをダメにしているのだが、これが転倒で壊れたらマジで泣くよ・・・)
材料費¥0の割にはまあまあの出来だと、誰も褒めてくれないだろうから自画自賛してみたりして




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_42142356_2?1211563035


転倒でクシャクシャになってしまったライトステーを再利用してポンダーステーも製作
バッテリートレー製作時に余ったアルミ板をポンダーのベースとし
ライトステーのクランプ部分以外をぶった切り、ドリルで穴を開けてから
両者をドッキングさせて完成!当然の如くこっちも材料費は¥0なり
「エコ&エロ」を標榜する身としては、廃材と言えども無駄に出来ません!!



普段は‘ズボラ‘な癖しやがって、いざちゃんとマシン製作をする段になった途端
「今やらないと、将来的には絶対にやらないだろうからな〜」などと考え
それプラス、「金は掛けぬが手間は掛ける」事に関しては素晴らしい才能を発揮する‘前田会長‘を
意識&ライバル視している手前、奴に負けぬ様に「細かい」&「どうでもいい部分」に
滅茶苦茶‘凝って‘しまい、ちっとも作業が前に進んで行きません・・・

上の2つなんかも文章にするとかなりアッサリ目だが
段ボールで型取りしてから、ガムテープでおおよその形造りから始めているので
見た目以上に結構時間が掛かっていたりします
こんなどうでも良い事ばかりをやっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまい
いい加減ヤバイ状況になって来ました・・・

レースが7月にあるので、そこから逆算すると6月までには最低でも走れる状態にしておかないと
かなりマズイ状況です!!
6月はせいぜい2〜3回程度しか走りに行けないので、セットアップ等を考えると
今月中には形にしないとヤバイっちゅう事で、現在は急ピッチで作業を進めている毎日です
つうか5月中って、後一週間しか無いんですけどね・・・


で、正直な気持ちを言えば

「ブログなんてUPしている暇は全然無ぇぞ!!!」

つう事ですわ!!


完成するか?は来月頭にでも判ると思いますのでお楽しみに・・・



PS

来週から筑波TTエントリーが始まりますので忘れずに・・・
posted by tetsutaro499 at 02:17| Comment(4) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

取り敢えず外装完了!

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41971256_0?1210874402


非常に手間取った外装関係も取り敢えずこれで目処が付きました!
去年の最終コーナーでの大転倒でバランバランになった各パーツを
修復するのに意外に時間が掛かったよ・・・

フロントゼッケンは5分割になった上にスクリーンも吹っ飛んだので
パズルのように組み合わせた上にホルツの‘FRP補修スターターKIT‘にて
FRPを貼り直し、スクリーンはアクリル板を切り出して自作
アンダーカウルも2分割になったのを繋ぎ合わせFRPを貼ったり
各部のひび割れを補修
シートも表皮が破れた部分をコニシボンドのSUブラックで繋ぎ合わせ
シートベースはコバケンさん所有のAAAトラッカーシートを譲って貰ったのだが
穴の開いている部分を埋め戻したり、デコボコをパテで補修したりと結構な手間が掛かったよ!


ここまで来てようやくカッティングカーボン化への準備が完了!
1,5mのカッティングシート、中性洗剤を1〜2滴混ぜた水と霧吹き
ファンヒーターにドライヤー、それにバスタオルと手拭用のタオルを準備して
いざ!外装チューンへ・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41971256_1?1210874402


要は、車のスモークフィルム貼る要領で空気を抜きながら貼っていくのだが
車のガラス面と違い、曲線やデコボコが結構あるので
そんな部分はヒーターやドライヤーで温めながらなんとか貼っています!

カーボン柄の素晴らしい所は、模様自体がデコボコみたいな物なので
チョット位の‘アヤ‘は何の問題も無く隠してしまう特性があります
だから細かい段差や窪みなんかは気にする必要が全くありません
貼り上がってしまえば、結構綺麗に見えますよ!!




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41971256_4?1210874926


コニシボンドのSUブラックを使ったシート表皮の補修は‘俺オリジナル‘かと思いきや
今月号のモトメンテに、俺よりももっとイイ方法のやり方が載ってました・・・
ちょっとの破れの為に表皮を張り直すよりは、遥かに安く仕上がるので貧乏人にはオススメです
近くで見れば変なのだが、ちょっと離れれば気付かないレベル位にはなりますよ!



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41971256_3?1210874562


最後に、ゼッケン番号を余ったカッティングでフリーハンドで切り出して作業は終了!
大体全て貼るのに6時間位かかりました!
お金を掛けて買い直したりすれば、こんなに手間を掛けずにには済むのだが
「金を掛けずに知恵で勝負!」つうテーマがありますので
(つうか、実際は貧乏なだけ・・・)
物凄い面倒臭い事になっています!

FRP貼りなおし〜パテ埋め〜塗装〜カッティング貼り 
と言う作業を各パーツに行っているので
なんだかんだで一週間近くかかってしまいました・・・
ようやくこれで次の作業に移れます!


それにしても貧乏臭いレーサー製作だな・・・
posted by tetsutaro499 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

純正流用カスタム?

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_0?1209393734



ヤマハパーツカタログ(日本バージョン)






ヤマハパーツカタログ(アメリカバージョン)


(その1)




(その2)






ヤマハパーツカタログ(ドイツ?バージョン)






価格の安さとクオリティーを考えると、貧乏人には非常に優しい純正パーツをこよなく愛する者としては
(逆を言えば、社外パーツが高すぎるのか?)
他車種流用の純正パーツチューンは基本中の基本です!!
で、昨今のネットの便利性のお陰で、各国のヤマハのサイトではパーツカタログがオンライン上で
見れるイイ時代になりました!!

つうか、アホみたいにパーツリストをこつこつと買い揃えてきた身としては
パーツカタログサイトを発見した時には唖然としたのが真実なのだが・・・
ワイズギヤの復刻版なんてかなりイイ値段したんだぞ〜
その数年後にこんな事するなんてヤマハのバカ野郎〜金返せ〜!!

と、こんな事を叫んでしまわない様に一応俺が知っている範囲を晒しておきます
パーツ情報がタダで手に入るこの時代に、オークションなんかでボッタクリ価格でパーツリストを
出品しているやつが時々いるので(特にワイズの復刻)
そんなのに引っ掛かる方が出ない様にしないとね〜
それと、他の国のヤマハ系パーツが見れるサイトとかがあったら是非教えてね!

俺の見方は、日本のヤマハサイトのパーツ番号で在庫が調べられるウィンドウを開いておき
違うウィンドウで、海外のサイトのカタログを開き、気になるパーツは片っ端からパーツ番号を
国内サイトの在庫が調べられるウィンドウのボックスにぶち込む!
すると在庫状況と価格が丸判り!つう非常に有難い事が出来ます
SRなんかは源流であるTT、XT系も含めたらかなりの数が出て来るので
一晩を潰す位に夢中になって遊べます(こんなので遊ぶなんて、かなりオタクっぽいが・・・)
ちなみにSRX250もアメリカバージョン。ドイツバージョンとあるので
微妙にキャブ形式が違う所なんか、NS−2なオタクの方々は擽られる部分なんじゃないかな〜・・・





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_1?1209393734


で、純正流用なんて言える程でもないが、
モトルネ筑波の時に¥300で買ったRZRフェンダーなのですが
ドリルで適当に穴を開けただけで、簡単に取り付け出来ました!



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_2?1209393734


微妙に幅が違うのだが、まあABS樹脂製なので広がってくれて、付くには付きます
俺はちょっと気になるから、適当に2〜3枚のワッシャーを噛ませているが・・・
カッティングカーボン化したら、それなりには見えるかな??

ちなみにカッティングシートも、必ずホームセンターとかで買いましょう!!
バイク用品量販店とかカー用品店の半額位で買えますからね〜
ボルトとかステーとかも汎用品なら断然ホームセンターの方が安いっす!
(逆を言えば、車バイク業界がボッタクってんのか?)
まあ‘貧乏人カスタマー‘にとってはホームセンターは基本中の基本かな?



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_3?1209393964

こっちはXJR400のフロントフェンダーをSRに合わせた図
これもエンジン側のフェンダー固定ボルト部分の幅が微妙に隙間が空いて、
ワッシャー等で調整が必要だが
穴位置なんかはバッチリなので、ほぼボルトオン状態です!






ついでにYZ400Fのデコンプレバー廻りとTZ250のクラッチレバー廻りの
流用の体験談?などでも・・・
YZ400Fのデコンプレバー廻りに関しては、パーツを一通り注文しておけば
何の問題もなくスムーズに取り付くのだが、曲者はTZ250のクラッチアジャスター




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_4?1209394201


TZの場合、クラッチワイヤーと一体化している状態でした・・・




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_5?1209394201



で、新品のクラッチワイヤーを躊躇無くぶった切り!




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_6?1209394201


アジャスターに鉄ノコで切り込みを入れて、SRでも使える様に・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41596062_7?1209394201


ほいでもって完成!!
これでハンドル交換の際にいちいちレバー廻りを全バラにしないでも作業出来る様になりました!
ついでにレバー類も、折れる度にライコランドに買いに行かなくても
D‘S筑波で購入可能と言うイイ事づくめ

でも転倒する事を前提にマシン製作している事が悲しかったりして・・・
posted by tetsutaro499 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

ホイールベアリング打ち換え&その他諸々

本日、仕事終わりに埼玉の郊外型の本屋に立ち寄った所、
何故か?SR関連のムック本が充実しており、尚且つ立ち読みし放題の状態!!
思わず小一時間程立ち読みをしまくったのですが
まあ!出てくるSRの造り込みの凄い事ったら・・・
SHOPのデモ車ならまだ理解出来るが、個人所有の物でもゴリゴリに造り込んでいるのね!
完全に時代の本流?の世界からかけ離れて存在している自分を思い知り唖然とする俺・・・
こんなセコビッチなチマチマとした事をしている自分自身の環境に打ちひしがれつつ
(つうか、かなり貧乏臭せぇぞ!)
本日も綴る‘レーサー製作記‘です!!





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_0?1208103074


レーサーでは初めての‘ホイールベアリング交換‘
プーラーなんて贅沢品は持ってないので、外形がドンピシャのソケットを使いハンマーで打ち込みます
ついでに内部のカラーも新品!




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_1?1208103074


交換するベアリングはヤマハ純正ではなく、
地元の松戸は馬橋にある(株)SEKI[http://www.bea.hi-ho.ne.jp/m-seki/]にて購入
ココはタカちゃんに教えて貰ったのだが、通販もやっているらしくかなりお勧め!!

街乗り用と合わせて二台分8個購入したら¥3000チョイの値段
ココで「おかしいぞ!」と思った方は鋭い!!
SRの場合リヤは3個使っているので、これじゃあ足らないんですね〜・・・
つう訳で、カラー等の注文ついでに一個だけ純正品を頼んだら、一個¥1000近くしやがる!
「8個=¥3000近く」と「一個=¥1000近く」で
中身は同じNSKのベアリング!で違いはNSKの箱入りか?YAMAHAの箱入りか?
だけでこれだけ値段が違ってきます!!
根っからの‘ヤマハマニア‘な方は純正を選んで下さい
俺はNSKの方を選んだけれども・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_2?1208103074


今やらないと、多分二度とやらないであろう部分の一つである
ハブダンパーもついでに新品に交換
良否判定とか考えずに、兎に角変えられる部分は全部変えて行きます




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_3?1208103074


ハブクラッチにXT500のO−リングを組み付け
SR界では結構みんなが知っている‘ネタ‘らしいのだが
俺はタカちゃんに教えて貰うまでじぇんじぇん知りませんでしたよ!!
これも今後は絶対にやらないだろうから、今回に限り取り付けてみました

「何故付けるか?」とか「取り付け方法は?」などは
ココで説明するのも面倒臭せぇので
googleなんかで「XT500 ハブクラッチ」(引用符なし)などと検索すれば
その意味や取り付け方法などをUPしているサイトが引っ掛かるので(つうか俺がそうした)
そちらさんの‘ちゃんとした‘サイトを参考にしてみて下さい
取り敢えずXT500のO−リングの部品番号だけ記載しておきます


93210-52312 O−リング(1E6) 2個

93210-71311 O−リング(1E6) 1個




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_4?1208103074


フロント廻りはベアリング打ち換え&ディスクをYZF−R1の298φの物に交換
(現行現行の320φのではなくではなく、2002年位までのR−1の物??)
これはダイスケ@SR400君が教えてくれた流用情報で
事前情報通りに完全ボルトオンでした!
フローティングに変えても効果の程は??だと思うが
まあカッコイイからこっちの方がイイでしょ!位の感じで変えてみました!!
俺にしては珍しく、ついでにディスクの固定ボルトまで新品に交換しちまったよ!

NS−1レギュレーションではブレーキ廻りは一切変更不可!なのだが
同時に無加工で取り付けられる純正パーツは変更可!との条項も有るので
後者を強引に拡大解釈して交換しちゃいました(笑)
まあNS−1でディスク板を交換した位でガタガタとは言われないでしょう・・・多分・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_5?1208103074


前後ホイールを取り付け、これでようやくバイクらしい形になりました!!
ちなみにこのフロントフォークは、なんと新品です!!
あまりの高い値段に泣きそうになったが、足廻りだけは妥協出来ないので思い切って買いました!!
これで転んで曲がった日には、多分泣きます・・・

バイクが形になったと同時に、遂に部屋に収まりきらなくなってしまいました・・・
つうか、かなり邪魔です・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41274931_6?1208103074


ついでに、フロントフォークの沈み込み量を測るのに巻いていたタイラップを止めて
おしゃれに?O−リングに交換してみました!
会社にあったので持ってきたのですが(つうかパクった?)
「俺のSRにも付けたい」なんて人がいたら声を掛けて下さいな!タダで配りますよ!!
ココだけの話、結構持ってきちゃったから・・・
他のサイズも正立フォークなら全てのサイズが多少ならあるので
声を掛けて貰えば、コッソリ?持って来ますから(笑)
posted by tetsutaro499 at 01:06| Comment(204) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

前後ホイール、ブラックリム化

自分から言い出しておきながら
「てっつー」との呼び名が恥かしい&本家てっちーさんに凄く失礼に思える今日この頃
皆様如何お過ごしでしょうか?
(つうか、あれはあくまで‘ネタ‘であって、もうそろそろ呼ぶの止めましょうね!)


今回はホイールのブラックリム化についてです
‘ダーマス兄直伝‘やり方と作業方法については、かなりツッコミ所満載ですが
そこにはあえて触れないでおいて下さい!自分でも変なのは重々承知してますから・・・





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_0?1207970156


まずはホイールの分解
今回はついでにベアリング交換&ハブダンパー交換&XT500のOリング取り付けを行うので
豪快にばらして行きます
パイロットベアリングプーラーなんて物を持っていない俺としては
ハンマー&叩き棒片手にコンコンと気合で分解して行きます




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_1?1207970156



ブラックリム化と言いながら、RKエクセルのリムに交換する訳では無く
あくまで貧乏臭く、塗装によってリムの色を変える手前
塗装の‘ノリ‘を良くすべくまずは水研ぎから・・・
作業は‘自称スペシャル洗浄台‘にて行いました(笑)





http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_2?1207970156


で、水研ぎが終了したら今度はマスキング
スポーク一本一本までマスキングしなくちゃいけないので、かなり面倒臭いっす!



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_3?1207970156


マスキング完了の図
手持ちの予備ホイールで行えればかなり楽だし時間も取れるのだが
なんせこのホイールは、DIABLOの‘いとっちさん‘に間違って格安でバランス取りして貰った&
[http://www.dia-blo.jp/index.html]
OUT☆EXのナカシャチさんにチューブレスKITを組み込んで貰ったと言う
[http://www2s.biglobe.ne.jp/~outex/]
モタード界ではありえない??非常にレアなダブルネーム??ホイールなので(笑)
他に代えが無いんですね〜

DIABLOのいとっちさんにバランス取りして貰ったお陰で、チャタ等の変な挙動が全く無くなり
思いっ切り全開で攻め込む事が出来る様になったし、
チューブレスKITを組み込んだお陰で、メンテナンス性向上&バネ下加重軽減?出来たので
俺的にはこの二つの作業はかなりお勧めです!!






http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_4?1207970156



マスキングが終われば、後は塗装っちゅう事で
ペイントブース(と言う名の風呂場?)にて塗装開始!
ウレタンのブラック&クリアで念入りに塗装します
まあ、この辺については‘さらっと‘見て下さい・・・
ツッコミ所満載なんで・・・




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_41237116_5?1207970156



そしてタイヤを組み付けて取り敢えずは完成
総費用¥4000チョイでブラックリム化と相成りました
「5m離れればRKエクセルなの??」仕様の出来上がりです(笑)
posted by tetsutaro499 at 12:14| Comment(7) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ホイールカラー製作

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40998135_0?1207037000


頻繁にホイールの取り外しなんかを行うレーサーの場合
取り付けの際、このスピードメーターカラーが結構曲者でして
シャフトを通したはイイが、フォークのツメにカラーの凹みがはまってないとか
逆にツメを気にして取り付けると、シャフトの通る位置にホイールが来ないとかで
二人で作業すれば何てない問題でも、一人メンテの多い俺の場合は結構面倒臭いので
今回は‘カラー化‘に着手してみました
バネ下加重の軽減とかフリクションロスの軽減なんて物は全く狙ってません
多分、以下の作業風景を見れば良く判る事でしょう・・・




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40998135_1?1207037000


「ローコスト&ハイパフォーマンス」を信条とする俺としては
わざわざワンオフでカラー製作などをするなんて面倒臭い事をする訳も無く
手持ちのカラーをサンダーでガリガリと削って作成



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40998135_3?1207037000



今迄の文脈からすると「アイツ!また適当に造ってんべ!」との印象を抱かれそうなので
こんな作業イメージ画像でも貼り付けておけば、ちゃんとやっている様に見えるかな?
本人的には「シングル界最後のPOPの末裔」位の気分でノリノリに削って作業してます
(まあ気分だけ!だけどさ〜)



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40998135_2?1207037000


で、完成!?
一箇所、削り過ぎの部分があるのは勢い余ってやっちまったご愛嬌っつう事で・・・
まあ、細かい事とか気にするタイプの人は真似しない方がいいです!多分不安になるから・・・
(つっても、こんなやり方真似する奴はいねぇか!)
posted by tetsutaro499 at 16:59| Comment(5) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

バッテリーケース製作

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_0?1206976302


すっかり忘れ去られたかの様な‘レーサー製作シリーズ‘ですが
「三歩進んで二歩下がる」ペースにて着々と?進行しております!
ラッカースプレーで手抜きペイントしたフレームも
各方面の話を聞くと、どうやらウレタン塗装した方が良いと言う事に気が付き
再度ウレタン塗装し直す羽目になる悲劇に見舞われました

まあ、そんな話はさておき、今回は「バッテリーケース製作」をさらっとUPします




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_1?1206976302


我が家にビルトインされたワークスペースにて、まずはパーツの寸法取り
一流チームである‘自業自得‘としてはCADを使い設計をします!

手前に見えるNHKの「できるかな?」に出て来そうな道具&材料は
今回の寸法取りには全く関係ないので、あしからず・・・



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_2?1206976302


設計図に基づいてモックアップモデルの作成をして
車体にフィッティングさせると言う念入りな段階を経て、ようやくパーツ製作となります

「エコ&エロ」をスローガンとして掲げる‘チーム自業自得‘としましては
ダンボールを使いモックアップモデルを製作しております!
決して貧乏な訳ではありません!!


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_3?1206976302


某市役所プラントの焼却施設を訪れた際、アルミ分別コーナーに転がっていた
パソコン用のベース及びカーテンのシートレールが今回の材料となります
これで材料費¥0で調達出来ました!

忙しい合間を縫って、昼休みに材料の加工です!



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_4?1206976302


材料の切り出しが終わったら、今度は汚いパーツを綺麗にすべく
‘スペシャルパーツ洗浄台‘にてパーツの洗浄に入ります



http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_5?1206976302


アルゴン溶接などでは二酸化炭素などを放出してしまうので
エコロジーを気遣う俺としては、今回はALLリベットにてパーツ製作です




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_6?1206976302


で、完成!!
廃品回収材料で適当に作った割にはまあまあの出来に仕上がりました






http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40986109_7?1206976302


で、なぜバッテリーを搭載したかったかと言えば、それは‘ウオタニ‘を使ってみたかったから
この前の練習後にCLUB1,2なささぽんさん&佐野さん、
モトルネ筑波で壮絶な2位争いをしたジャンキージャップなSRX乗りの手塚さんと
昼食がてらお話する機会がありまして、
その時に手塚さんが「ウオタニの点火はすげぇよ」と話しているのを聞いて
「じゃあ、持っていて使ってないウオタニを使ってみるか!」と相成り
バッテリー点火のウオタニを使うならバッテリーを搭載しないとダメなので、製作となりました

でも、純正ほどの信頼感があるか?と言えば未知数な部分でもあるので
すぐに取り外せる様に今回みたいな仕様で作ってみました!
posted by tetsutaro499 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

骨組み製作

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40390254_0?1204647996




まずは基本骨格の組み立てから・・・


SRの弱点とも言われるスイングアームピボット部のグリスアップから始める
で、例によって例の如くこいつもグリスはカラカラ
片側が打痕の痕あり・・・
でもこのスイングアームにスプロケガード用のステーを溶接しちまった!!
ベアリングにグリスを塗り込むとなんとか使用出来そうなので、そのまま使用

散々弱いと指摘されている部分なのにね〜ピボットは・・・
こんなのを見ると中古車なんて手を出せなくなるよね
どうしても中古でSRが欲しければ、かなり信用の置ける店で買わないと
後々痛い目を見る事が多いと思うから注意しなさいよ〜っと軽くアドバイス・・・
今までバラした4〜5台のSRの内、マトモにグリスアップしてあった車両は皆無
こんなSRがそこらじゅう走り回っているんだろうな・・・




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40390254_1?1204647996


ラスペネ吹き掛けてペーパーで磨くも段差は消えず
内部のカラーは流石に再使用不可なので、手持ちで一番程度のイイ奴と交換




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40390254_2?1204647996



ステムを組み立てる前にハンドルストッパーの取り付け
アップハンだから本来必要無いのだが、
経験上、転倒時の車体へダメージ軽減に効果大だから俺は必ず取り付け
車体取り回し時は確かに面倒だけれども、ハンドルだけ壊れるか?車体までイクか?を考えれば
答えは必然的に導き出される物なんじゃない?




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40390254_3?1204647996



レースに玉っころを載せてグリスをたっぷりと付ける
打痕の無いレースと真ん丸の玉は久しぶりに組み立てたな〜
「変な挙動が出ません様に」と念じながら慎重に組み立て
ここだけは焦らずじっくりと組み立てなくちゃね〜




http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/13/f5/tetsutaro499/folder/1578169/img_1578169_40390254_4?1204647996



ピボットシャフトヘグリスガンでグリスをぶち込むのは後にしよう・・・











作業メモ



・グリスはベアリング側、ステム側共にたっぷりと塗っておく


・ラジオペンチをロックナットのツメに引っ掛けて片手でナットを締め込む


・左右に10回程度ステムを動かしベアリングをなじませる


・再度上記の方法でナットを締め込む。なじんでいれば少し回るはず


・再びステムを10回程度左右に動かす


・ガタが出ない程度にナットを少し緩める


・軍手orナットにウエスをかけて、片手のフルパワーでナットを締め込む


             
                         presented by はっしー
posted by tetsutaro499 at 01:25| Comment(12) | TrackBack(0) | レーサー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。