2011年02月07日

バイク三昧!

イメージ 1
 
 
土曜日は筑波サーキットで練習走行2本
日曜日は岩井サーキットにてXR100Mの筆降ろし走行と
先週末はバイク三昧
 
筑波での画像が何故か全然撮れてなかったので
筑波レポは殆ど無しの方向でwww
 
そう言えば、走行チケットが変わったんだね〜
 
 
イメージ 2
 
で、岩井での走行は
俺、山口君、宮澤さんの男3人&M嬢とSさんの女性2人
マシンはXR100M、MH80、NSR75、CBR150とバラエティー豊富
皆で乗り比べしながらキャーキャー言って楽しみました
 
イメージ 3
 
ヤフオクで買ったROCK☆STARデカールキットを貼り
少しだけドレスアップした俺のXR100M
ちなみにその件をDIABLOのいとっち氏に話した所
「それって思いっきり偽物だよ〜」と言われてしまい
ガッカリ・・・
 
ウォーマーとフロントスタンドは
最近blogがちっとも面白くないと言うか
本人以外は誰も興味を持たないであろう
‘オナニーブログ‘と化していると評判のsumi君からレンタル
(本人にクソつまらないと文句言ったら、またしても訳の判らん言い訳しておりましたwww)
 
イメージ 4
 
何故に今頃?と首を傾げたくなるのだが
俺の周辺では局地的にMH80が盛り上がっており
ココ最近、周りの連中が3台もMH80を買いました!
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
エレファンツの極一部にしかウケないであろう
幻の‘エレファンツ広島‘から持ってきたMH80画像
 
 
イメージ 7
 
 
XR100はフロントフォークが曲がっていて
オマケに三叉もビミョ〜な具合だったんだけど
フロント廻りの部品が届かなかったので、なんとか誤魔化して無理して走りました
 
でも、改めてミニに乗って思うのだが
タイヤの進化が凄いよね!物凄くタイヤ依存の走り方をしても
全く転ぶ気がしない
何処まででも寝る気がするから恐ろしいわ!
 
岩井サーキットの年間会員になったので
今後は岩井を走り込もうかと思います!
 
PS
 
桶川チックなKIDS達が走ってたのだが
その子達のメットカラーが‘げきち仕様‘だったんだけど
アレってもしかして局地的に流行ってるのかな??
 
 
 
イメージ 8
 
 
タマスピ様に出していたグラスウール交換が終わり
土曜の走行に併せて送り返されてきた来たのだが
嬉しい事に、そのついでにエンブレムがスペシャル仕様に張り替えられてました
 
で、エレファンツじゃないのに、思いっきり‘TAMA SPEED&RCエレファンツ‘と掘られてたんだけど
天の声もある事だし、これを機にエレファンツに加入しようかな〜・・・
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 23:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

1月16日筑波コース1000走行

イメージ 1
 
走行5日前に急遽追加された日曜日のコース1000のファミリー走行
HPとtwitterとblogだけの告知だったので
「これは狙い目だべ」と思い、いざ筑波へ・・・
イメージ 2
 
 
走行日が日曜なので、さぞかし混むだろうな〜と思っていたら
物凄いガラガラ・・・
走行枠が取れないと筑波まで来た事が無駄足となるので
14:20からの走行だったので11:00に入れば何とか取れるべ!
と来て見れば、なんと!俺が一番乗り
13:30までバイクの人は誰も来なかったよ
 
結局、この日コース1000に来たライダーは10人以下と言う状態
まあ前日に雪が降ったとは言え、こんなに空いているとはね〜
 
イメージ 3
 
この日は風が滅茶苦茶強くて
何をするにも兎に角寒い
ウォーマーの上からバトルのウォーマーカバー巻いてもタイヤがちっとも温まらないので
キャリーカートとカラーボックスで周りを取り囲み
風を凌いでなんとかタイヤが温まる状態
それにしてもナンバーなんて久しぶりに着けたよ!
 
 
イメージ 4
 
 
この前air plantsさんで削って貰ったホイールカラーを今回実践投入!
ツバ付きカラーなので落っこちる事が全く無し!
いや〜!お陰でホイール交換が滅茶苦茶楽になったわ〜♪♪
 
イメージ 5
 
 
コース1000はこの日が人生初走行でして、そんな日にも関わらず路面温度は常にマイナス・・・
走る所つうか勘所がさっぱり判らないので
たまたま横に居たGSXR1000乗りの方にレクチャーを受けイザ走行へ
 
筑波では真冬お約束の午後の西日が強く
1コーナーの飛び込みなんて、コース2000の最終コーナーよりも見辛くさっぱりラインが読めない
しかも2000と比べカントが殆ど無いコースなので初めはおっかなビックリ
次第にコースにも慣れて来ても、寒さのせいでタイヤが跳ねる跳ねる
頑張って詰めても42秒が精一杯
 
ストレート5速 1コーナー4速 各ヘアピン3速で周っていたのだが
エンジン回転数とやる気の割には42秒から抜け出せないので
ストレート〜2コーナーまで5速 各ヘアピン4速と言う
一個高いギアで周ってみたらあっという間にタイムが縮まり40秒前半までタイムアップ
アベレージが落ちると一個高いギアだと辛いけど
スピードを乗せて回転数を落とさない様にするとこっちの方が全然速いのは意外でしたわ
回転数は低いから‘頑張っている感‘は全然無いのにね〜
今度2000の方の1コーナーとかCXの左に切り返す前とか4速で試してみようかな?
 
コース1000の方はどの程度の速さで走るのかが判らないので
またまたGSXR1000乗りの方に「どの位のタイムで周るの?」と聞いてみたら
速い人は35秒だって マジっすか!!
一本目は雑誌で見たGトライブの戸田さんの
「コーナーリング中は車体姿勢を意識しろ」との言葉を受け
自分なりに「どうなっているかな?」と考えながら走っては見た物の
なんとなくリヤが下がっていそうな雰囲気だったので
フロントの突き出しをハンドルギリギリに3mm出し
リヤも同じく3mm伸ばして見ました
 
で、2本目の走行
たかが2,3mm伸ばしたり縮めたりした所で
そんなのが判るほど繊細な感覚を持ち合わせている訳無いあたくしは
ちっとも違いが判らない己のセンスにガッカリしつつ
チマチマ考えてもしょうがないから、こうなりゃガンガン楽しんでやれ!とペースアップ
つっても39秒6をベストに39秒台後半でグルグル・・・
35秒なんてどうやって出るんじゃい!と嘆きつつ走行終了
まあ、コース1000ならスプロケを少しショートにして
飛び込みが見え辛かった1コーナーをもう少し攻略出来れば
37後半から38秒前半位ならサクっとでるんじゃないかな?
 
取りあえず今月の走行はこれでお終いかな〜
TAMA SPEEDさんへのサイレンサーグラスウール交換や
DIABLOさんへのキャッチタンクニップル追加等の作業を出し渋っていたのは
この走行を走りたかったからなので
今週中にはバイクから取り外します
よろしくお願いします
 
イメージ 6
 
非常に気になる記述を見つけたのだが
いとっちさんはそろそろ本気を出してくれているのかな〜wwww
 
俺はエンジン組みあがる物だと信じて
ナラシも考えなければつう事で
2月5日 A2、A4、 A6
2月12日 A2、A4
2月23日 A3、A4
の7本を押さえて待ってますからねwww
よろしくお願いします
(と、ネットを使いさり気なくプレッシャーwww)
posted by tetsutaro499 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

1月8日 筑波走行練習

イメージ 1
 
 
前回の走行から2日間を空けてまたしても筑波通い
午前6時ちょっと過ぎに到着したのだが
「土曜日の走行だから混んでいるんだろうな〜」と思ってたら
意外に空いており、あっさり結構イイ場所のピットがサクっと取れました
以前なら有り得ない事だから、やっぱりサーキット人口って減っているのかね?
昔なら寒いこの季節でも土曜日だけは混んでいたんだけどね・・・
 
イメージ 2
 
 
まずは、近くのピットにいたNo54SRX250オーナーのじょーか氏に新年のご挨拶
その後、去年散々お世話(と言うかご迷惑を掛けた?)
 
で、ピットに戻り前回調子の悪かったマイクロン3の回転数表示を直すべく
センサーコードの巻く位置をプラグキャップ近くから
イグニッションコイル近くに変更し、巻く数も2回転から4回転に変更
ついでに配線関係の通し方の手直しをして終了
いつもならココでグダグダとおしゃべりやらに時間つぶしをしてしまうのだが
折角5秒を切るBクラスが走っているので
久しぶりに1ヘアスタンドに行き、上手い人らの走行を見ながらお勉強
そんな事してたらあっという間に走行時間
 
A2は路面温度がまだマイナスで、日は当たるが風が強くて寒い状態
マイクロンはようやくLAP、タコ共にマトモに表示するようになりました
この走行はタイヤを潰してやると言うことで、またしてもF1.3kg R1.4kgで走行
そしたらタイヤがウネウネ・・・完全に失敗
Fイニシャルも極端に振ってみようと4回転締め込んでみたら
路面温度が低い割にはF側のドッドッドッは減ったのかな〜?
タイムはいまいち上がらず12秒前半
走行直後、温感で空気圧を計ったら F1.5 R1.7
 
走行後 FT2のバイアスだと空気圧が何キロセットなのかを知りたくて
ヤマコワークスの藤元さんの所に聞きに行ったら
「ミニバイクじゃあるまいし、そんなに低くはしないよ〜」と言われてしまいました・・・
と言う訳で、今度はF1.65 R1.7にセット
イニシャルももう少し締めこんでみようとなり 更に1回転締め
 
A4の走行は少し暖かくなって来たがそれでもまだまだ寒かったです
フロントイニシャルは締め込み過ぎで、症状悪化
アジャスター全部緩めた状態より5〜6回転締め込んだ辺りが一番良さそうな予感
空気圧もこれなら温感でF1.9 R2.0だからこの辺で決めて 次に移った方が良さそう
ドッドッドッも完全に消す方向では無く、多少はタイヤが跳ねても
ソレを込みで考え、跳ねながら向きを変えて曲がる事を考えた方がいいのかな〜
昔はソレが出来たんだけど、最近はビビリだから跳ねながら曲がることが出来ないんだよね〜
だって飛びそうで怖いんだもん・・・
 
イメージ 3
今日のベストは11秒後半しか出ませんでした
2日前より1秒半以上タイムが落ちているから「俺ってヘタレだな〜」とがっかりしましたが
同じピットのNSR250乗りの方が「今日は寒くてタイムが伸びませんよね〜」なんて言ってくれたから
「そうだ!俺のせいじゃねぇ!!寒いからだ!!」なんて思っていたら
お隣ピットのNS1チャンプの佐藤さんはコースレコードに後コンマ3秒まで迫る自己ベスト記録だってさ!
って事は寒さなんて全然関係ねぇじゃないか!!
 
俺の表彰台に上る夢を邪魔するだけでは無く
言い訳まで潰しに来やがるSZR660が憎い!ついでにチーム七輪も憎いwww
帰りの車内で「ちくしょ〜!」とルサンチマンを吐き出しながら
鼻水垂らして帰路に着きましたとさ・・・
 
その後、air plantsさんに立ち寄りカラーを削って貰った等々のお話は
ネタ的に盛りだくさんなので、別の機会にでも・・・
 
 
PS
 
最近「随分、マジメにやっているじゃん」と声を掛けられるのですが
まあblogでの書き方が数値的な物とか載せ始めたから、そう思われているかも知れないけど
本人的にはマジメにやろうだなんてこれっぽっちも思ってません
 
遊びでも何でもどうせやるなら一生懸命やろうとはしてますが・・・
その、去年のモテギのモタード観戦でヤラれたのはソノ部分なんだよね
本気で悔しがり、そして笑えるのは、ソコに向かう過程で一生懸命やっているから
アノ人達まで辿り着くのは流石に無理だとしても
「そこに近づきたい!」ってのは強烈に思いましたわ
だって傍から見ていて物凄くカッコウ良かったから
だから去年みたいにレースの度にエンジンを乗せ換えて、
取りあえず走るだけのグダグダしている状態では無く
走った後に燃え尽きる事の出来るようなレースをしてみたいです
だから、今の状態は射精する前の前戯みたいなモンですわ!
 
 
posted by tetsutaro499 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

1月5日 新年初走り

イメージ 1
 
 
今年、一発目の初走り
 
年初は幸先良くスタートを切りたかったので
寝坊癖のあるオイラが、早めに筑波到着、そしてセコセコと走行準備
AIMのマイクロン3を取り付け、カウルステーの歪みを矯正し
アンダーカウルのグロメット取り付け、ハイスロのφ径を42mm→44mmに取替えて準備完了
 
今回も走行前のいつもの儀式で
耳栓を耳に入れて、その後ヘルメットリムーバーを被った後
ヘルメットとグローブを装着します
そうすると、耳栓が耳の中で膨らんで行き
徐々に外界の音が消えて、自分の呼吸音が大きくなっていくのだが
それを合図に自分の走行モードのスイッチが‘カチャリ‘と入り
シールド越しに見える外の空気もビシッと引き締まる
この一瞬の緊張感が俺はたまらなく好きだし
バイクに乗っていて良かったと思います。
 
一発目はフロントのイニシャルを一回転戻しで走行
が、しかし
マイクロン3がまたしてもLAP計測せず
オマケにタコの動きもおかしい
スロットルを戻した時は正常に回転数を表示するのだが
開け始めると、いきなり半分位の回転数しか表示せず
計器類がまともに動いてくれないので
仕方なくまたしも‘勘‘のみで走行つうか
身体のナラシしか出来ませんでした
 
イメージ 2
 
走行後に隣の隣のピットにいたチーム七輪の佐藤氏さん@SZR660の
マイクロン4の取り付け方とかを見せて貰い
自分の計器類の配線引き直し&設定確認をして
次のA4へ突入
 
A4の走行はLAP計測が直ってくれたがタコ表示はまだ変な感じに表示(何でだろ?)
で、メータースイッチをカチャカチャ触りながら走っていたら
佐藤さんが目の前に登場!
ケツに張り付いてやろうと頑張って見るが
NS1チャンプとあたくしじゃ当然追いつける訳も無く
あれよあれよと離れて行きます(涙)
でも、この時が一番頑張ったお陰で、この日のベスト1.10‘9はこの周に記録
その後はシングルナッツの時にげきち氏に教わった
コーナーリングの時に両肩は出口方向に向けるつうのを
1ヘアで今迄よりもオーバーアクションでやって見たら
意外に気持ち良く曲がれたので、これに合うラインは次への宿題かな〜
後は、例の‘人間魚雷動画@パワービルダー‘の悪影響をまだ引きずっていて
無駄にインベタ気味だったから、その辺の影響は抜きたいな〜
結局10秒台は一回のみで、後は11秒台前半をうろちょろだったから
最低でもアベレージをコンマ5秒は上げていけなきゃダメだわ〜・・・
今日なんか路面温度もそこそこ高めで、走行台数が少ない
絶好の攻め日和だったのにね・・・
次の8日の走行の時にはもう少しマシな走りをしたい物です
 
最後は、お隣のピットにいた前期型SRX600の方が話し掛けに来てくれ
どうやら3月TTがNS1初参戦との事だったので
よもやま話&お互いに頑張りましょう!と話をして終了
 
イメージ 3
 
この日は帰りにairplantsさんの所に立ち寄る予定だったのだが
ハイエースのリアガラスが割れてしまい崩壊寸前だったので
仕方なく諦め、車屋に直行して修理して貰いました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 22:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

12月15日 筑波走行

イメージ 1
 
 
今回はコバケンさんが前泊してピット取りまでして頂いたので
当然、遅刻する訳にも行かなく7時前に筑波着
 
で、長野氏や佐野さん、それにカメダレーシングのHANAさんなどと談笑しつつ
こちとらやらなきゃいけない作業がてんこ盛りなので
口と同時に手を動かしながらSRの走行前準備
 
イメージ 2
 
折角、苦労して作ったフロントカウルも
ゼッケンベースの形がブリーフの形だと言うことで
登場してすぐに‘白ブリーフカウル‘と言う非常に有難くない名称を授けられてしまいました・・・
で、1番の棒がチ○ポっぽいらしいっす(涙)
 
まあ俺のキャラにピッタリらしいので、それはそれでも構わんよ!
だったら白ブリーフにチ○ポ番号で
NS1の上位陣 七輪の佐藤氏やポイントアップの船木さん&阿部さん
TRSの間島さん それにリアリティーの土屋さんのケツの穴掘ってやろうじゃねぇか!
(その前にAAAの小池さんのケツはガッツリ掘らせてもらうからな!!)
1コーナーのイン側からブリーフ野郎がグイグイ突っ込んでやるから
今のうちから首を洗って待っていろ!!と吼えてやるぜ!!www
 
イメージ 3
 
DIABLOの新業務日誌で偉い推しているのを見て以来凄く欲しくなり
今回の走行に併せて是非とも装着したいと思い立ち
無理やり?入荷して頂いたアクティブのハイスロ
(いとっちさん、その節はお世話になりました)
で、装着してみたらスパン スパンとスロットルが動くのでイイ感じになりました
 
 
 
 
 
まあ、細かい作業内容はすっ飛ばして
A2、A4の走行内容から・・・
 
直前に、我が師匠 増田ヒロシ氏と電話による会話の中で
 
「俺が乗ってた時、SRってキャスターが立っている分フロント加重が不足気味な気がしてたから
                      突き出しを出してフロント加重を増やして見たら?」
 
とのアドバイスを受けたので、今回は突き出しを15mmまで出して見ました
 
突き出し5mm→15mm
 
すると結構イイ感じ♪
1ヘアとかでフロントの接地感が増した気がする
 
で次のA4は空気圧を0.4kgづつ落として
 
F1、.6kg R1.7kg から F1,2kg R1,3kgまで落としてテスト
 
するとウネウネしちゃって全然ダメ
 
やっぱF1,3か1,4 R1,4か1,5位が一番良さそうな感じ
 
A4は走行を一時中断してピットに戻り
イニシャルを3回転締め込んでみたのだが フロントに固さは出て少しはイイ感じだけど
もう少し軟らかくても良さそうだから  次回は一回転戻して見ようかな〜
 
ヒロシさんにもアドバイスされたけど
前後を一緒にイジって訳わかんなくする前に
フロントをある程度決めてから、リヤに手を付けた方が方向性がはっきりしそうだから
当分はフロントのセッティングを中心に手を付けて見ます
 
今回の走行はMYCHRONが磁気は感知してもLAP表示をしないトラブルで
走行タイムがさっぱり判らなかったので
基準が無く感覚だけで走行してたから、正直あんまり意味が無かったっす(涙)
 
 
MYCHRONがマトモに動かないので またしても目黒のベアーレーシングに行こうかと思ったら
何故か?ひょっこり筑波に遊びに来た「成田のガチニートwww」クニさんが
air plantsに連れて行ってやるよ!」と言い出し
まあ、前々からair plantsに連れて行ってくれとお願いしていた身としては
ちょっとだけお店に行き、すぐに出てベアーレーシングに行けば間に合うわな〜って事で
1時間位立ち寄らせて貰おうと言う魂胆でお店に行ったのだが・・・
 
 
ガッチリ6時間も話し込んでしまいましたwww
 
 
つかair plantsと言うかKさんヤバ過ぎ!
独自の感性と嗅覚を持ったヤバい人間が
SRつうかバイクを掘って行くと
こんなに面白いネタを繰り出してくる物なのか!と唖然としました
こと、SR&XTに関しては、こんなに斜めから掘り下げて来るのかと
ビックリしたっつうか、トキメキましたわwww
見た事も聞いた事も無い様なネタを次々繰り出してきてたもんな〜
 
おもちゃ箱つうか道具箱をひっくり返した様な店内でwww
至福の時を過ごさせて頂きましたよ
期待値以上の豊富なネタっぷりに
訪れて良かったな〜と感動しました
 
引き合わせて頂いたクニさんには兎に角感謝だな〜
 
 
 
PS
 
筑波に練習に来ていたきのっぴ君が、やけにそそくさと帰って行くので
「尻に轢かれている男は大変だな〜」と、その後ろ姿を見送ったら
別に某姐が怖くてそそくさ帰った訳じゃ無いのねwww
BLOGを見て合点出来ましたwww
 
にしても、現時点でソコまでSRに入れ込んでいる姿を見ると
凄げぇな〜と思うと同時に、今後の某姐様の激怒する姿が眼に浮かぶ気が・・・
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 00:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

筑波走行 11月24日@復活の狼煙??

イメージ 1
 
昨日判明した「ピストンとバルブがゴッチンコ事件」により
やる気がガッツリと0%となったので
あらゆる物をハイエースにブチ込んだ状態で筑波参上!
 
当然の如くエンジンは開け放し状態でして
そんな状態を見るにつけ、朝一からテンションはダダ下がり・・・
 
 
 
イメージ 3
 
そんな中とりあえずA3の走行券を買いにトボトボ歩いていると
r​z​8​8​9​7さんが、曲がった指を抱えつつwww筑波に奇跡の復活??を果たしてました
ついでにその横には、筑波のシングルバカの熱い視線を集めている
BLUE DEAR RACINGの青鹿さんが 例のCRF450を持ち込んでらっしゃいました
(上の画像は ヤフオクで現在販売中のそのマシンです)
話によると 今度はスペインからキットパーツを取り寄せて
もっと凄いのを造るらしいっす! 凄げぇな〜
(興味がある方は青鹿さんのBLOGをチェックしてみるとイイっすよ!)
で、T田さんと青鹿さんと3人で話をしていたら時間をすっかり潰してしまい
走行まで後1時間半しかなくなってしまいましたwww
 
 
イメージ 2
 
 
で、「やりたくね〜な〜」とは思いつつ、そんな事は言ってられないので
松戸のコンテナに転がっていたヘッドASSYを持ち込みセコセコと復旧
でギリギリで間に合ってなんとか走行
 
 
1本目はあくまで動作確認なんでゆっくり流して走行
すると、1コーナー出口付近にてスポンジバリヤの向こう側から
こすけっ!氏が一生懸命応援してくれてましたwww
(どうやら電気系トラブルで止まってしまってたらしいwww)
 
白煙噴くことも無く、エンジンが回る事も確認できたので
次の小型走行枠のA6を買いました
(最近 当日にチケット買うと+¥500 当日に名義変更+¥100に値上がりしたのだが
 予約してた場合と事務手続きが一切変わる事がないので「明らかにボッタクリだろ!筑波!!」
 と思うのは俺だけなのだろうか??前はタダだったのによ〜
 せめて事務手続きの時に事務員が¥500分のチューをする位のサービスをしろや!!ボケェ!!)
 
 
で、今回は組み付けにまだまだ不安等があったので 大幅な変更は避け
空気圧を前後0.1kgずつ落として F1.3kg R1.4kgにまで落として走行したのだが
CX進入で軽くチャタが出る所を見ると やっぱりF1.4kg R1.5kg以下に下げるのはダメそう
今度は0.1ずつ上げて見ようかな〜
後、MJを10番上げもあんまり意味が無さそう
エンブレ時の排気音がバラバラと五月蝿くなったので
#330に戻して 今度はニードルの方を触ってみます
リヤサスも今使っているバネでサグ出しを忘れてたから
サグを出して見て見ますわ
つっても やっぱり何かコーナーリング時にケツの踏ん張りが足りない様な気がするから
もう少しバネレートが高いバネが一個は欲しい気がします
 
まあやりたい事は山ほどありますわ
兎に角これでエンジンは一段落しそうだから
今後はいい加減に車体&キャブのセットアップに手を付けてみたいです
(キャブに関してはFCRを買う気満々だったりするんだけど・・・)
 
で、今日はT田さんに続きダイレクト・ドットコム・レーシング の甲斐田さんとも久々の再会
今週末の耐久茶屋に出ないのに、わざわざsumi君 と同じ仕様にして走ったらしい
何だかんだ言いながらも、そんな仕様までテストしてあげるだなんて
相変わらず真面目だな〜と感心しましたね〜
甲斐田さんのテストの感想は、今週末走るライダー達には可哀想過ぎて教えられないので
当日、わざわざ筑波にサポートで行くらしいので本人より聞いて下さいなwww
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

11月20日 筑波走行@物凄くダメダメ

イメージ 1
 
 
ピストンリング交換も終わり
24日にガッチリ走行したかったので、その前に‘慣らし‘をする為に
実は土曜日は出張移動日だったのだが、無理して前日に予約を取り筑波走行
A3とA5を取れたのだが、もしも何かトラブル発生した場合
1本を丸々ドブに捨てる可能性があったので、一応A5だけを押さえました
 
イメージ 2
 
走行前にキャブレター清掃も兼ねてセッティング変更
 
MJ#330→#340 ニードル 4段目から5段目
 
サス関係はそのまま
 
ついでにブレーキフルードを久々に交換
 
まあ、慣らしだからまったり走行しようかな〜つう魂胆です
 
リング交換後エンジンを初めてブン回してみたら、なんかちょっと様子が変
(交換直後は住宅街の中だったので始動確認しか出来なかった)
「キャブをイジったからかな〜」などと思いながらも
走行まで時間が無かったし、まあ回転だけは上がるので兎に角コースイン
 
で、走行直後スロットルを開けていくと・・・
 
「エンジンが全然回らないじゃん!」
 
MJを10番ズラした位ではこんなに不調になる事は無いから
後思い当たるフシがあるとすれば・・・
 
リング交換時は屋外作業で、日も段々と暮れてきたので
突貫&やっつけ作業で組み上げをガシガシやってのですが
その時にカムスプロケのタイミングを1コマ分ズラして組んじゃったぽい・・・
 
走行時間が勿体無いので、ブボボボ云わせながら慣らしだけは終わらせました
(つか回らないからね〜涙)
まあ、白煙モクモクだけは取り合えず直ったから、それだけは良かったよ!
 
 
つう訳で、明日出張から帰ったらまたまたヘッドを開けてみますわ
じゃないと24日はとてもじゃないと走れないし・・・
あ〜メンドくせ
 
 
posted by tetsutaro499 at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ステムベアリング交換

イメージ 1
 
 
「俺は嫁の尻に敷かれているんじゃない! 敷かれてやっているんだ!!」
           
とイニシアチブが完全に奥様に握られても尚、悪あがき的に‘上から目線‘にて
 
男の哀愁を語る男‘ダーマス兄‘の「ダーマス語録」が身に染みる今日この頃・・・
 
(N250F来年から廃止のガセネタを流してごめんね!でも火元は俺じゃないよ!)
 
 
 
 
 
ピストンリング交換に続きステムベアリング交換をやりました(やりたくね〜けど)
チャタリング原因を考える上で、ソフト面のセッティングばかりに目が行きがちだが
ハード面である各パーツの作動はどうか?と言う部分で考えると
(以前チャタで悩んだ時は、ホイールのバランス取りと振れ取りと言う                                                    基本中の基本をちゃんと実践したらあっさり直った)
ステム廻りが引っ掛かる部分でして
何故なら以前ステムのベアリング交換した時は
部品箱の底に転がっていたベアリングとレースの数セットの中から
指で触って一番状態が良いかと思われる物をピックアップして
それらを組み合わせ‘選抜チーム‘方式で組み上げる
‘恐怖のゴッドハンドメンテ‘つういい加減な組み上げ方でしたんでwww
「やっぱりあそこは気になるな〜」と思い、部品注文した物が昨日入荷したので
仕事をサボり部品を取りに行き、会社に帰ってから仕事終わりにセコセコ組みました
 
今回は純正のアンギュラベアリングを使ったのだが
組みあがった後にハンドルをキコキコ動かすと
「やっぱり違うな〜」と大満足の出来
(99%ブラシーボ効果だとは思うが・・・)
後は締め付けトルクがばっちりだと嬉しいのだが
ココって一発で決まった事が無いんだよね
まあ、後は実走で確かめるしかないかな・・・
 
メモ
Fフォークの突き出しは5mmにセット
 
 
 
今日は土曜走行のキャンセル予約日だったのだが
事前に空き状況を確認するとやけに走行枠が空いているので「何でかな?」と思ったら
土曜の天気は雨予報だったのね・・・
慣らしもあるから雨でも走ろうかと思ったけど
土曜は午後から仕事だから(実は一日仕事なのだが午前はサボる)
こける訳にも行かないので 当日筑波に行ってから走るかどうかは考えますわ
 
 
 
イメージ 2
 
 
次はメーターステーとフロントカウルのリニューアルに着手したいのだが
位置決めだけで1時間位掛かってしまいました・・・
まあ、位置決めを失敗すると物凄くダサくなるからしょうがないんだけどね・・・
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

セッティングメモ@DAYTONA WINNERバージョンwww

-まず、基準となる仕様を決める。
今までで一番タイムが出ている仕様か、乗りやすいと思う仕様で良い。
この仕様のセッティング(車高、イニシャル、オイル銘柄&番手、油面etc)をしっかり測って記録しておく。
 
-セッティングでは、1回に1つだけ変える。
バネもイニシャルもオイルもいっぺんに変えて、それで良くなったとしても何で良くなったか分からない。
もしかしたら、バネで凄く悪くなったのを他のことが少しずつリカバーして、
トータルでちょっとだけ良くなったのかもしれない。
だから、一つずつパラメータを振って、それぞれのベストを探っていく。
 
-セッティングを進めていて分からなくなったら基準仕様に戻す。
そしてやり直す。逆に、もっと良い仕様が見つかったらそれを基準仕様にすれば良い。
ただ、「ちょっと良くなった」ぐらいのレベルだったら、基準は変えない方が良いと思う。
これはサスについての話だったけど、キャブとかでも同じだと思う。
 
俺はこのやり方にしたがって練習走行のたびにセッティングを振ってたから、
同じセッティングで走ったことはほとんど無い。(基準仕様に戻した時を除く)
走行間隔は1時間半はあけて、その間にデータ整理とセッティング変更してた。
そうやって蓄えたデータの中でベストなものでレースに臨む。
前のレースより良い仕様になっているんだから、タイムは出るはず。
思い込みかもしれないけど、精神的に余裕が出来る。
 
posted by tetsutaro499 at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

11月6日 筑波走行

イメージ 1
 
 
シングルナッツのレポを書けばアホ丸出しの文章になり
モテギのMOTO1レポ@Team DIABLO視点を書けば、いつの間にやら‘幼女愛‘に満ちた
ロリを通り越したペドっぽい文章になってしまい
こりゃ書き直さないとなどと思っていたら
すっかり‘旬‘を通り越して放置プレー状態になる始末・・・
 
イメージ 2
 
そんなあたくしですが、
モテギで増田ヒロシさんのプロライダーに昇格したとは思えない
レース終了後に見せた見事なまでのズッコケバク転や
メタルさんのハイサイド@地球への頭突き
等のガッツ溢れる走りに感銘を受け(嘘)
重い腰を上げて、筑波練習へ行ってきました
 
決勝ではパワービルダーさんが58秒!!にぶち込んだ程にすごい世界に到達しつつある
‘世界最速の草レース‘TASTE OF TSUKUBAの前日だけあって
筑波サーキットは激混み!!
イメージ 3
 
 
で、予約内容をすっかり忘れ
朝5時に起きてセッセコ準備して筑波に向かって見れば
途中、朝食を吉野家で食べる際に携帯で予約時間を確認すると
なんと14:00からの走行が一回目。。。
自分のマヌケぶりにガッカリしつつ筑波に到着
 
 
イメージ 4
 
 
最近、トリケラトプスRTの長野氏に代わり
筑波サーキットの住人となりつつある こすけっ!氏が
顔に似合わない素早さでRZレーサーをバラしていましたね〜www
で、こすけっ!氏と「TOSH-TECの居ないテイストはちょっぴり寂しいね〜」などと談笑したり
 
これまた、いつも筑波に来ているakito君から
エストレアレーシングの耐久茶屋ズッコケ話を聞いたりしてました
 
 
イメージ 5
 
 
前回の走行の際
CX進入と最終立ち上がりでフロントがドッドッと逃げていくので
「こりゃフロント加重が掛かり過ぎてんだべ!」と勝手に思い込み
 
Fイニシャルアジャスター 一番締めた所から2回転戻しでイニシャル掛け
リアショック         圧側4→2             
                イニシャル ネジ部全長30mm→25mm
 
イメージ的には フロントが突っ張ってリヤが沈み込む感じになればな〜的なセッティングで走行
で、大外れして症状は全然治まらず・・・
 
タイム的には頑張っても12秒後半をウロウロ・・・
 
 
で、真横に居た上の写真のじょーかー氏から「逆なんじゃねえ?」とのアドバイスを受け
 
Fイニシャルアジャスター 一番締めた所から6回転戻しでイニシャル抜き
リアショック         圧側2→4           
                イニシャル ネジ部全長20mm→30mm
 
ついでにTASTE WINERの高橋進氏も来てくれ
TT900はエッジ部が硬い気がするよ〜!とのアドバイスを受け
 
空気圧を F1.8→1.4 R1.8→1.5に落とす
 
で、2本目走行したらド・ド・ドが消えてかなりイイ感じ
 
頑張って見たらなんとか10秒8までタイムアップ
 
でも10秒入ると少しフロントチャタが出て来たから
もう少しセッティングを煮詰める事をしないといけないな
 
まあ、シングルナッツでの走行で
「俺って乗れてんじゃねぇ?」と大きな勘違いをカマしてしまい
イザ筑波に来て見れば、ヤマコのアニキさんや藤元さんなどの
FT2な方々などにコーナーでブチ抜かれフルボッコwww
オマケにタイムもさっぱりで撃沈・・・orz
すっかり走りボケしてしまっているので、ここからコツコツと頑張って行くしかないな〜
 
 
 
 
次回の走行は 
空気圧を抜いたのが良かったのか フロントを抜いてリヤを硬くしたのが良かったのかを
はっきりさせるのと、サイレンサーをNS1仕様に変えたのにジェット類をイジって無いから
その辺をセッティングしないとな〜
ソノ前に、ピストンリングを換えて白煙を止めるのが先だけど・・・
(高橋氏にも思いっきり突っ込まれたからな〜)
 
 
今回はじょーかー氏と高橋氏には感謝!感謝!!です
 
次回忘れてはいけない物リスト
・ノーマルフロントスプリング
・ヤマハ純正G10フォークオイル
・バトルファクトリステップ用ジュラコン
・MJ SJのセット
・2.2kgのリヤサススプリング
 
 
次は11月第4週辺りに休みが取れて走れればいいのだが・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by tetsutaro499 at 22:39| Comment(11) | TrackBack(0) | 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。